MENU

新着お知らせ一覧
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
2018年度看護職員募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
地域連携
地域医療センターご利用マニュアル
ICT連携「さいすいヘルスケアネット」のご案内
研修会・勉強会等のお知らせ
薬剤科からのお知らせ
介護・福祉関係者向け
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
児童発達支援センター「吹田療育園」

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

大阪府済生会吹田病院 病院指標

平成28年度 大阪府済生会吹田 病院指標

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1432 296 358 511 557 721 1793 2891 1764 328

当院の年齢階級別退院患者数は、10歳未満・60歳以上の患者が多くなっています。高齢化の影響により60歳以上の患者が全体の63.6%を占めています。また、産科・小児科(NICU・GCUを含む)を備え、周産期にかかる高度な医療を担う医療機関として、大阪府より地域周産期母子医療センターの認定を受けています。そのため、10歳未満の患者が多く、また、20代・30代の患者が多いのも特徴の一つです。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 201 6.1 6.0 0% 2.2
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 155 6.3 6.3 0% 6.3
030270xxxxxxxx 上気道炎 118 5.4 4.8 1.7% 2.8
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 118 5.1 6.2 0% 0.0
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 114 5.2 5.5 0% 4.7

小児科では、肺炎や急性気管支炎などの呼吸器疾患の症例が多くなっております。次いで、低出生体重児が続きます。
当院は新生児特定集中治療室・新生児治療回復室を有しており積極的に新生児治療を行っていることから症例が多くなっております。
5番目に多いのがウイルス感染による腸炎となっています。これらは容易に脱水症を起すため乳幼児から学童まで幅広い年齢の方の入院があります。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 70 7.6 6.8 0% 62.8
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 63 5.3 5.3 1.6% 71.4
060160x002xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 40 5.2 5.0 0% 63.4
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 38 15.6 15.9 2.6% 72.1
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 30 13.7 17.7 0% 66.9

外科では、胆嚢疾患として胆嚢炎や胆嚢結石に対する手術症例が多くなっております。2番目に多いのが鼠径ヘルニアに対する手術、3番目として結腸の悪性腫瘍に対する手術となっております。
消化器外科の各種認定施設に認定されており、肝胆膵外科高度技能認定施設にもなっています。当科の特徴は消化管手術の多くを腹腔鏡下の手術でおこない、ガイドラインでも困難と考えられる症例のみを開腹手術で対応しています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 137 32.1 27.6 75.9% 79.9
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 69 25.3 26.3 0% 75.3
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 46 4.9 5.5 0% 58.0
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 39 27.9 24.4 10.3% 69.1
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 38 22.0 18.0 15.8% 74.7

整形外科では、高齢者の膝関節症に対しては、高位脛骨骨切り術、人工膝関節置換術を、股関節症に対しては人工股関節置換術を積極的に行っています。受傷後6日以内の早期手術と超早期リハビリテーションをみ合わせた早期治療と退院後の在宅ケアまでのトータルケアの確立をめざしています。脊椎の変性疾患に対しては、脊椎インストルメンテーションの併用により術後の早期離床・早期リハビリテーションを行うことによって、速やかな機能回復・社会復帰が可能となるよう取り組んでおります。腰椎椎間板ヘルニアは、手術侵襲が小さく入院期間の短い顕微鏡下ラブ法あるいは内視鏡下ヘルニア摘出術を行なっており、10日以内に退院が可能になっております。スポーツ選手の肩関節、膝関節疾患については関節鏡視下手術を中心とした早期診断・治療・競技復帰をめざしたプログラムを行っています。


形成外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 29 2.9 4.3 0% 45.6
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 20 2.9 3.4 0% 76.2
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 20 4.2 5.8 0% 28.9
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 19 11.1 8.8 5.3% 80.0
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし

形成外科は、生まれつき身体の表面の異常(体表先天異常)、外傷による変形や欠損、瘢痕、悪性腫瘍切除手術による組織欠損などを、手術によって可能な限り正常な状態に近づける治療を行う外科の一分野です。治療対象は全身のあらゆる部位に及ぶため、単独で治療にあたるだけでなく、他の多くの診療科との連携、チーム医療でもその存在意義を発揮する医療分野でもあります。
一番多い症例は、脂肪腫などの皮膚表面にできた腫瘍切除となっています。2番目に眼瞼下垂に対する症例、3番目に顔面の外相に伴う手術症例となっております。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 33 3.5 3.3 0% 72.6
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 28 8.4 7.5 7.1% 68.6
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 8.3 9.9 0% 77.2
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 9.1 11.8 7.1% 74.1
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 12.2 19.4 30.8% 69.7

当院は平成27年9月より常勤医が2人体制となり手術を要するような患者さんの対応も可能となりました。対象疾患は、脳動脈瘤、頭蓋内血管狭窄、頚部内頸動脈狭窄、動静脈奇形、硬膜動静脈瘻などの脳血管疾患、頭部外傷、脳腫瘍です。
また、リハビリテーション科の協力のもと、早期からリハビリテーションを開始して社会復帰を目指して治療いたします。


呼吸器外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 61 13.8 21.3 0% 70.4
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 14.5 10.1 0% 32.6
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 11 15.4 12.7 0% 68.4
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし
040200xx01x1xx 気胸 肺切除術等 手術・処置等2あり

呼吸器外科では、主に肺がん・気胸・縦隔腫瘍の手術治療をおこなっています。中でも肺癌は、現在日本人のがん死亡の第1位となっており国を挙げての対策が急務となっています。肺がんのもっとも確実な治療法は早期発見・早期手術です。
気胸は若い男性や長年たばこを吸い続けた高齢の方の肺に、突然穴があいて肺が縮んでしまう病気です。その方に応じた治療を施すようにしていますが再発することも多く、手術が最も確実な治療法です。


心臓血管外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 69 3 3.3 0% 69.3
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2あり
070071xx97xxxx 骨髄炎(上肢以外) 手術あり
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり

心臓血管外科は腹部以下の末梢血管外科を専門としています。下肢静脈瘤や末梢動脈性疾患等に対する手術を行い、他に虚血性潰瘍・壊死や静脈うっ滞性潰瘍、糖尿病性足病変等に対する創傷治療、深部静脈血栓症に対する抗凝固・線溶療法等を行っています。
今後は、下肢静脈瘤に対しては高周波(ラジオ波)を用いた血管内焼灼術とstab avulsion法による瘤切除を標準術式とし、低侵襲で安全な手術を行っていきたいと思います。


産婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 118 9.7 9.9 0% 33.8
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 62 25.6 20.8 1.6% 31.6
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 腟式等 手術・処置等2なし 45 2.3 3.3 0% 36.8
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 35 5.2 6.3 0% 43.5
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 31 6.3 6.4 0% 42.3

産科は産婦人科の中で妊娠・分娩に関わるすべての診療を、婦人科は妊娠、分娩と乳腺疾患以外の女性に関わる全ての疾患の診療を行います。
大阪府地域周産期母子医療センターの認定施設として、産科二次、三次の緊急母体搬送を受け入れており、地域と密着した高度救急医療の一端を担っています。婦人科疾患については子宮筋腫などの良性疾患から子宮癌などの悪性疾患まで対応しています。


眼科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度等片眼 670 2.4 2.9 0% 76.1
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし

眼科は白内障中心の入院治療となっています。
現在、白内障は日帰り手術が積極的におこなわれていますが、すべての人に適応可能なわけではありません。当院では、一人暮らしでご家族のサポートが受けられない患者さん、他の全身疾患のある患者さんなど、日帰りが不可能とこちらが判断する場合、あるいは入院手術を希望される患者さんへの入院手術を主としておこなっています。


耳鼻咽喉科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 28 7.9 9.4 0% 55.8
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 24 8.6 8.1 0% 20.2
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 19 7.6 7.8 0% 57.8
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 18 8.1 9.6 0% 41.4
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 16 5.4 7.5 0% 53.8

耳鼻咽喉科科長は頭頸部腫瘍の治療の経験と実績を積んでおり、頭頸部がん専門医、がん治療認定医の資格も有しています。一般的な耳鼻咽喉科疾患のほか、良性・悪性腫瘍の症例も多く扱っております。頭頸部がんに対しては手術を中心として各症例に適した集学的治療をおこないます。


神経内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 3、4又は5 40 17.4 16.5 45.0% 71.8
010060×2990410 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり 重症度等発症前Rankin Scale 3、4又は5 10 16.0 21.9 50.0% 78.9
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし

神経内科領域の各種疾患として、脳血管障害・炎症性疾患、脱髄性疾患、変性疾患(脊髄小脳変性症、パーキンソン病など)、各種末梢神経障害(Guillain-Barre症候群、CIDP、代謝性・糖尿病性ニューロパチーなど)、筋疾患、重症筋無力症等の各疾患について対応し、診療を行っています。
神経内科は、脳梗塞の入院が多くなっています。当院の総合病院としての特性を生かし、脳神経外科、リハビリテーション科などとも密に連携をとりながら、的確な治療に務めます。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 178 2.1 2.7 0% 72.9
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 128 6.5 7.4 0% 73.8
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 34 6.4 5.8 0% 62.4
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 31 10.4 12.4 3.2% 74.5
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 25 10.6 11.7 0% 69.7

泌尿器科は、前立腺がんでの入院が最も多くなっています。2番目は膀胱がん、3番目が尿管結石となっています。
泌尿器がん、尿路結石をはじめとする泌尿器科疾患一般に対応しています。まず安全を第一に、患者さん-人ひとりのQOL(生活の質)を考慮した医療をベースとしています。また、ロボット支援手術や先進医療の導入に力を注いでいます。


呼吸器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 198 2.5 3.7 0% 71.5
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 152 17.5 12.4 0% 70.3
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 64 22.5 20.0 1.6% 73.8
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 51 16.0 14.8 3.9% 75.6
0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 重症度等A-DROP スコア1 49 17.9 13.6 4.1% 84.6

呼吸器内科は、肺炎・急性気管支炎などの炎症疾患最も多くなっています。次いで肺の悪性腫瘍での入院となります。
肺がん、間質性肺炎などのびまん性肺疾患、肺気腫、気管支喘息、肺炎などの感染症、慢性下気道感染症、気胸、胸膜炎など。肺がんや喀血症例などでは放射線科、呼吸器外科との緊密な連携のもとに診療を行っています。


循環器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 118 3.4 3.1 1.7% 71.0
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 75 5.0 4.7 0% 70.8
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 46 16.8 18.0 6.5% 81.7
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 16.3 11.4 9.1% 80.5
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 13.8 13.0 4.8% 69.9

虚血性心疾患を中心とする循環器疾患全般、 閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化性疾患の診療を担当しています。
循環器の疾患は、いかに迅速に対応するかが生命を左右するケースがあります。当院では連日CCU当直医が常駐し、「急性心筋梗塞・不安定狭心症・重症不整脈等の緊急性のある心疾患」の患者さんを対象に、24時間体制で内線直通方式によるCCUホットライン体制を実施しています。


糖尿病科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 重症度等85歳未満 26 13.5 14.6 0% 70.5
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 重症度等85歳未満 21 16.9 14.9 0% 62.6
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病あり 重症度等85歳未満 11 11.6 16.3 0% 74.9
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 重症度等85歳未満
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし

糖尿病科は糖尿病を中心とした代謝疾患の診療を専門におこなう科です。
当院は北摂での糖尿病教育認定施設の一つで外来を対象に、透析予防のための糖尿病教育を実施しています。常に迅速な検査を施行し、糖尿病の状態がいち早く把握できるようにするとともに、糖尿病手帳に検査等のデータを記載し、患者さん自身がデータを理解し糖尿病に取り組めるよう努力しています。


腎臓内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 8.9 12.8 5.9% 73.8
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 17 5.9 7.6 0% 62.3
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 12 55.3 37.1 0% 66.4
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 11 19.2 14.8 0% 68.6
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 10 31.3 22.7 0% 64.1

腎臓内科は、腎不全や腎炎による入院が主となります。腎臓疾患の診断・確定には、エコーガイド下経皮的腎生検を実施しています。慢性腎不全の患者さんの血液透析(HD)導入、残腎機能保持に優れる腹膜透析(PD)など、種々の腎代替療法をおこなっています。
保存期の慢性腎不全の患者さんを対象にした腎臓病教室を開催するなど、チーム医療として腎不全の進行を阻止すべく、患者さんの啓蒙にも努めています。


消化器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 141 3.0 2.7 0.7% 72.5
060290xx99x0xx 慢性肝炎(慢性C型肝炎を除く。) 手術なし 手術・処置等2なし 87 5.3 8.7 1.1% 60.9
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 74 13.4 11.1 1.4% 75.0
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 67 10.7 9.0 0% 72.1
060180xx99x4xx クローン病等 手術なし 手術・処置等24あり 66 1.8 8.4 0% 32.4

消化器内科は消化器疾患の地域基幹病院、急性期病院として、肝臓・消化器内視鏡の専門医が中心となり、診療にあたっています。診断・治療に際しては、消化器外科、肝胆膵外科、放射線科と連携し、外科手術も含め様々な治療法の中から最適のものを選択しています。肝疾患についてはウイルス肝炎、NASH、肝癌の診断と治療、消化管疾患としては、早期がんに対する内視鏡治療、切除不能な進行癌に対する化学療法、炎症性腸疾患などに力をいれており、消化管出血、胆道ドレナージなど緊急を要する場合、オンコール体制をとり、対応しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 77 12 18 31 28 35 1 7
大腸癌 17 26 32 39 56 15 1 7
乳癌 11 20 4 11 3 5 1 7
肺癌 109 23 74 237 160 66 1 7
肝癌 16 16 20 13 26 166 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

国際対がん連合(UICC)によって定められた、原発巣の大きさと進展度(T)、所属リンパ節への転移状況(N)、遠隔転移の有無(M)の要素によって各癌をⅠ期~Ⅳ期の4病期(ステージ)に分類するものです。
当院の5大癌では肝癌の症例が最も多い。2番目としては肺癌の再発症例が多い。また、胃癌は、ステージ分類では早期の癌が多く見られる。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 37 8.7 49.8
中等症 215 20.3 79.7
重症 45 21.0 82.3
超重症 7 20.1 84.1
不明 0 0 0

成人市中肺炎:普段の生活の中で成人が罹患した肺炎のこと。
患者数が最も多いのは中等症(重症度1~2)の患者さんです。
全体の平均年齢は77.5歳、高齢者が多く、重症度が高いほど平均在院日数も長くなっています。
肺炎は主に呼吸器内科にて診療しておりますが、内科全体で担当しています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 3日以内 120 23.7 75.9 44.2%
その他 18 17.4 75.5 33.3%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 33 4.2 74.1 0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明 0

動脈硬化や高血圧が原因で、脳の血管がつまる(脳梗塞)、破れる(脳出血)などして身体のまひや意識障害を引き起こし、重症の場合には死に至る病気です。「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、脳卒中の患者のうち日本では4分の3を「脳梗塞」が占めています。当院でも、多くが脳梗塞により入院されています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 170 0 9.5 1.2% 0
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 82 0 24.1 3.7% 0
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの

小児科の入院症例で手術として扱われるものは、仮死状態で出生した新生児に対する蘇生術があります。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 94 1.6 6.1 0% 62.0
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 64 1.3 3.0 1.6% 71.3
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 51 4.3 11.6 2.0% 72.7
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 41 1.1 3.1 0% 63.5
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 23 2.0 9.5 0% 70.2

外科は胆嚢結石に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く、次いで鼠径ヘルニア手術、大腸癌に対する腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術、胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術と続きます。
当科の特徴は消化管手術の多くを腹腔鏡下の手術でおこない、ガイドラインでも困難と考えられる症例のみを開腹手術で対応してます。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 120 3.3 26.1 60.0% 77.0
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 116 1.4 23.3 2.6% 73.2
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 103 4.1 16.5 3.9% 61.0
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕、下腿 58 1.2 2.1 0% 54.9
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 44 6.0 25.9 88.6% 81.3

整形外科は、大腿部の骨折に対する骨折観血的手術、膝関節疾患に対する人工関節置換術が多い症例となっています。次に下腿部の骨折に対する骨折観血的手術となります。
高齢者の大腿骨頚部骨折に対しては、受傷後6日以内の早期手術と超早期リハビリテーションをみ合わせた早期治療と退院後の在宅ケアまでのトータルケアの確立をめざしています。
高齢者の膝関節症に対しては人工膝関節置換術(片側置換型および全置換型)を、積極的に行っています。これらの疾患に対しては、各職域が総力をあげてクリニカルパスを作成しており、関節外科におけるトータルケアをおこなっています。


形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 19 0.4 6.1 5.3% 78.7
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上12センチメートル未満 17 1.2 3.0 0% 50.6
K427 頬骨骨折観血的整復術 13 0 5.4 0% 44.5
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 12 0 2.0 0% 74.3
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの

形成外科は、皮膚の腫瘍(良性・悪性)に対する切除術が大部分を占めております。次に多くなっている症例は眼瞼下垂に対する手術です。
形成外科の目的は、形態を正常に近い形に充填したり再建したりすることで、機能回復とともに生活の質(QOL)を向上させることにあります。まずは患者さんとの信頼関係を構築し、その立場から最もふさわしい治療方法を選択することが求められます。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 0.7 9.2 5.6% 77.6
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 13 6.4 17.7 23.1% 66.1
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの
K1742 水頭症手術 シャント手術

脳神経外科は、平成27年9月より常勤医が2人体制となり手術を要するような患者さんの対応も可能となりました。
対象疾患は、脳動脈瘤、頭蓋内血管狭窄、頚部内頸動脈狭窄、動静脈奇形、硬膜動静脈瘻などの脳血管疾患、頭部外傷、脳腫瘍です。
当院では、従来の開頭手術に加え、近年において進歩の著しいカテーテルによる血管内治療のどちらも施行可能です。
頭をぶつけた、頭が突然痛くなった、手足が突然しびれたり動かなくなった、顔がしびれたり激しい痛みがある、顔がぴくぴく痙攣するなどの症状があったら脳神経外科を受診してください。


呼吸器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 46 1.9 12.5 0% 71.1
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 24 10.2 6.0 0% 44.7
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 20 2.1 9.2 0% 68.8
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除
K504-2 胸腔鏡下縦隔悪性腫瘍手術

呼吸器外科では、主に肺がん・気胸・縦隔腫瘍の治療をおこなっています。中でも肺癌は、現在日本人のがん死亡の第1位となっており国を挙げての対策が急務となっています。肺がんのもっとも確実な治療法は早期発見・早期手術です。
手術は胸腔鏡を併用し従来より傷を小さくすることで体にかかる負担を軽減しつつ、患者さまの病状に合わせた安全で必要かつ十分な手術を心がけています。


心臓血管外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 60 1.0 1.0 0% 68.7
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 16 7.6 22.7 6.3% 74.7
K0843 四肢切断術 指(手、足)
K617-2 大伏在静脈抜去術
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈)

心臓血管外科は、下肢静脈瘤に対する手術、下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管拡張術が多い手術となっています。
下肢静脈瘤に対する治療は、抜去切除術を標準術式としてきましたが、平成28年3月末より血管内焼灼術を導入しました。少し前に登場したレーザーよりもさらに身体への負担が少なく、疼痛や術後の皮下出血の発生も低い高周波(ラジオ波)を用いています。またBarady hookという特殊な器具を用いたstab avulsion法で瘤切除を行うことによって、従来よりも小さな切開で手術することが可能になりました。2泊3日の入院で行いますが、軽症例は通院で高位結紮術を必要があれば外来で硬化療法も行っています。


産婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 110 6.9 7.1 0.9% 33.9
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 69 4.6 7.6 1.4% 32.1
K867 子宮頸部(腟部)切除術 45 0.2 1.0 0% 36.8
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 35 1.1 4.1 0% 40.3
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 23 1.0 4.1 0% 46.0

産婦人科は、大阪府の周産期医療基幹病院でもあることからお産に関する手術が多くなっています。
婦人科疾患については子宮筋腫などの良性疾患〜子宮癌などの悪性疾患まで対応しています。良性疾患に対する治療では腹腔鏡下や子宮鏡下においての内視鏡手術や、子宮頸部の前癌病変に対する治療では子宮を温存(悪い部位のみを取る)する子宮頸部レーザー円錐切除など、身体にダメージの少ない低侵襲手術を推奨しています。


眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 670 0.5 0.8 0% 76.1

現在、白内障は日帰り手術が積極的におこなわれていますが、すべての人に適応可能なわけではありません。当院では、一人暮らしでご家族のサポートが受けられない患者さん、他の全身疾患のある患者さんなど、日帰りが不可能とこちらが判断する場合、あるいは入院手術を希望される患者さんへの入院手術を主としておこなっています。特に糖尿病などの疾患が心配な場合は、当院では他科の主治医にコンサルトした上、術前全身検査を入院前におこない、万全を期して手術を施行しています。


耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 32 1.0 6.9 0% 25.4
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 14 1.0 1.6 0% 65.8
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 12 1.0 6.8 0% 59.6
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 1.0 4.4 0% 54.8
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術IV型(汎副鼻腔手術) 10 1.0 2.9 0% 56.0

耳鼻咽喉科は、扁桃炎に対する扁桃摘出術が最も多く、続いて、喉頭腫瘍に対する喉頭腫瘍摘出術、耳下腺腫瘍に対する耳下腺腫瘍摘出術が多くなっています。
耳鼻咽喉科科長は頭頸部腫瘍の治療の経験と実績を積んでおり、頭頸部がん専門医、がん治療認定医の資格も有しています。頭頸部がんに対しては手術を中心として各症例に適した集学的治療をおこないます。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 94 1.6 5.3 0% 74.7
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 40 16.5 23.8 7.5% 68.9
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 35 1.1 3.6 0% 71.7
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 33 1.3 3.9 0% 62.3
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 32 9.5 24.3 6.3% 76.4

泌尿器科は、膀胱がんに対する手術が最も多くなっており、血液透析のための内シャント設置術も積極的に行っています。
膀胱がんの手術では、内視鏡を使用した経尿道的切除術をおこないます。膀胱全摘除術が必要な患者さんには、術後のQOLを考慮した尿路変更術を行っています。
また平成29年3月より手術支援ロボット「ダ・ビンチ」を導入!最新の前立腺がんの治療を行っています。


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 62 1.9 4.3 1.6% 72.2
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 24 0 10.3 0% 67.2
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 24 5.1 12.9 4.2% 81.1
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 18 0 16.1 11.1% 74.3
K596 体外ペースメーキング術 10 0.1 13.9 10.0% 81.8

循環器の疾患は、いかに迅速に対応するかが生命を左右するケースがあります。当院では連日CCU当直医が常駐し、「急性心筋梗塞・不安定狭心症・重症不整脈等の緊急性のある心疾患」の患者さんを対象に、24時間体制で内線直通方式によるCCUホットライン体制を実施しています。
急性心筋梗塞に対しては、緊急心臓カテーテル検査、必要に応じてPOBA・ステント・血栓吸引などのPCI治療を施行、引き続き集中治療室での管理をおこなっています。また重症度に応じIABPやPCPSなどの体外循環も併用します。
不整脈に対しては、ペースメーカー移植術を行っています。


消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 106 1.3 1.6 1.9% 73.6
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 67 1.1 8.5 0% 71.7
K654 内視鏡的消化管止血術 56 2.9 14.4 8.9% 71.7
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 52 3.7 14.9 7.7% 79.8
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 49 2.0 9.2 4.1% 72.8

消化器内科は、多くをを内視鏡的治療が占めており内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術、内視鏡的消化管止血術となっています。内視鏡手術については、必要に応じて鎮静剤を使用するなど、できるだけ苦痛の少ない手術を行っています。
消化器疾患の地域基幹病院、急性期病院として、肝臓・消化器内視鏡の専門医が中心となり、診療にあたっています。診断・治療に際しては、消化器外科、肝胆膵外科、放射線科と連携し、外科手術も含め様々な治療法の中から最適のものを選択しています。肝疾患についてはウイルス肝炎、NASH、肝癌の診断と治療、消化管疾患としては、早期がんに対する内視鏡治療、切除不能な進行癌に対する化学療法、炎症性腸疾患などに力をいれており、消化管出血、胆道ドレナージなど緊急を要する場合、オンコール体制をとり、対応しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0%
異なる 7 0.07%
180010 敗血症 同一 21 0.20%
異なる 18 0.17%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0%
異なる 1 0.01%
180040 手術・処置等の合併症 同一 36 0.34%
異なる 1 0.01%

入院契機(入院のきっかけ)が4つの疾患と「同一」か「異なる」かに分類して集計しています。「同一」はその病気の診療目的で入院し、その病気の治療を行ったということを表し、「異なる」はある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは入院中に違う病気が発症したことにより、その治療が主となってしまった場合を表します。
【播種性血管内凝固症候群とは?】
本来出血箇所のみで生じるべき血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こる症候群です。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態です。入院後に発症している症例が多く、感染症が重症化するケースやや基礎疾患が影響しているケースが多いと考えられます。
【敗血症とは?】
病原体が全身に波及したもので非常に重篤な状態です。無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る疾患です。感染症が重篤化し発症している症例が多くみられます。
【真菌症とは?】
真菌が種々の臓器に定着することに起因する感染症です。体の抵抗力が弱った時に起こる病気です。普通の健康な大人に起こることは少ないですが、持病をもっている方、高齢の方に起こりやすい疾患です。
【手術・処置の合併症とは?】
手術や処置をしたことで起こる病態を指します。具体的には、整形外科的(骨プレート、内固定材)による合併症(10症例)、尿路性器カテーテル、その他の
挿入物の合併症(9症例)、輸液、輸血及び治療用注射に続発する合併症(9症例)、再接着、切断に特有の合併症(7症例)が当てはまります。

更新履歴


2017年09月27日

平成28年度 病院指標を公表しました。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


吹田病院について
病院の現況
沿革
病院理念・ビジョン・方針等
院長挨拶
認定・指定等
メディア掲載情報
取材依頼について
安全管理について
個人情報保護について
大阪府済生会吹田病院 ソーシャルメディアポリシーについて
入札情報一覧
病院統計
病院指標
済生会について
写真撮影等の禁止について
大阪府医療機関システム

page top