MENU

トップページ
済生会吹田病院 公式facebook
済生会吹田病院 公式Instagram
済生会吹田病院 臨床研修公式facebook
済生会吹田病院栄養科のキッチンクックパッド済生会吹田病院栄養科のキッチン
新着お知らせ一覧
イベントのお知らせ
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
相談窓口のご案内
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内(健都健康管理センター)
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
前立腺がんセンター
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
常勤医師募集
ナースアシスタント(看護助手)正規職員募集
2020年度看護職員募集要項
看護師・助産師経験者募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
健都健康管理センター
医療関係者の方へ
地域予約について
登録医の紹介
ICT連携「さいすいヘルスケアネット」のご案内
研修会・勉強会等のお知らせ
薬剤科からのお知らせ
介護・福祉関係者向け
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
医療型児童発達支援センター「吹田療育園」
健都健康管理センター

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

放射線治療

放射線治療

放射線治療とは

一般的には、手術療法、化学療法(抗がん剤)とならぶがんの治療の三本柱のひとつです。主に、がんに対する治療として行われますが、まれに良性の疾患に対する治療が行われることもあります。 病気の状態により、

  1. 腫瘍細胞の根絶を目的とする根治治療
  2. 痛みや神経圧迫など症状の軽減を目的とする緩和治療
  3. 病気の再発を予防する予防照射

などを実施します。

放射線治療の利点

  1. 治療中の痛みがない。
  2. 手術をしなくてもよいので侵襲が少ない(手術を併用する場合もある)。
  3. 機能や形態を温存できる。

が大きな利点でした。 ただし、今までは機器の能力に制限があり、正常組織にも腫瘍と同等の放射線が当たる範囲が存在します。 しかし、最新の治療機器を用いることで、病気に放射線を集中させ、副作用の軽減を図り、さらには治療成績の向上を目指す治療を行なうことができます。

つまり精度の高い機器を使用することで病気に放射線を集中させることができるため、他の臓器に優しい治療ができます。その結果、病気にはよりたくさんの放射線を照射することができ、治療効果もあがることが期待されるのです。

最新の治療機器

当院は2014年4月に高精度放射線治療装置(VARIAN/BRAIN LAB)の運用を開始します。 この装置は地面にX線管球が埋め込まれており、位置ずれが極めて少ない高精度な位置合わせを行うことができます。位置がずれてしまえば病気がない部位に放射線を当ててしまいます。精度が悪ければ精度を考慮して、余分な範囲に放射線を当てなければなりません。 高精度な位置合わせができるこの機器をもちいれば、上記のデメリットを極めて少なくする事ができます。 また、放射線治療医が病気にどれだけ放射線を当てたい、病気のないところにはどれくらまでしか当てたくない、という治療計画を忠実に実行する能力が非常に高い機器でもあります。 放射線治療計画装置や治療計画用CTなどの今や放射線治療の核とも言える周辺機器も最新のものに更新されており、安全で効果的な治療が行えるようになります。

  • 高精度放射線治療装置(VARIAN/BRAIN LAB)

  • 放射線治療計画用CT(SIEMENS)

照射範囲を細かく設定できる要因の一つに下図のMLC(マルチリーフコリメーター)があります。これは必要な範囲以外の放射線を遮蔽する金属ですが、細かく分割されているほど高精度な照射を行うことができます。

実際の照射野はこのように細かく設定できるわけですが、今までの機械との差をわかりやすく説明するためにモナリザの絵に当てはめてみました。

また、複数の腫瘍を同時に照射することができるようになったため、従来に比べて寝台上での治療時間が大幅に短縮されます。

一つの治療目標に対して、たくさんの方向から照射を行うこともできます。たくさんの方向から照射することで、標的臓器に放射線を集中させ、正常組織へのダメージを減らすことができます。

  • 1.対向二門照射

  • 2.三門照射

  • 3.固定五門原体照射

  • 4.七門IMRT(強度変調放射線治療)

放射線科では

放射線治療以外に放射線科は病気を見つける(治った事を調べる)画像検査、放射線を用いて病変を描出しながら治療のための薬を投与したり、病気の原因を取り除く IVR (放射線診断技術の治療的応用)を行っています。 当院では特にCT、MRIにおいて最新の機器を導入し、高画質・高品質な画像を、日本医学放射線学会が認定する放射線治療専門医が読影を行っています。 がんを早期に見つける事は病気が治りやすくなることにつながります。また治療したあと、定期的な検査を受けることにより、万一再発した場合にも適切な治療を受けやすくなります。

スタッフ

放射線治療室では放射線科常勤医師・非常勤医師1名(日本医学放射線学会認定放射線科専門医 4名)が連携を取り治療計画・診察を行っています。 連携大学と遠隔で治療状況を確認・修正できるシステムを構築し、安全性に配慮を行っています。
メディカルスタッフとしては診療放射線技師5名(うち照射専従1名、品質管理専従2名)、看護師4名が担当しており、診療必要人数が配置されています。資格取得状況は放射線治療専門放射線技師3名、放射線治療品質管理士3名、医学物理士1名、第一種放射線取扱主任者1名で更なる研鑽を積み事故防止、精度向上に努めています。

(2018年4月現在)

放射線科科長のコメント

がんになっても私たちは様々な方法で患者さんをサポートしていきますが、高精度放射線治療装置を導入したことにより、よりやさしく、効果的なサポートができると考えています。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


当院のがん診療について
当院のがん治療について
化学療法センターの紹介
放射線治療
緩和ケアの診療体制について
予防医学
リンパ浮腫看護外来
がん患者に対するリハビリテーション
がん相談支援センターについて
がん登録について
がんサロン「さくらの小路」のご案内
前立腺がんセンターについて

関連施設

  • 吹田特別養護老人ホーム「高寿園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「高寿園」

    おおむね65才以上の方で、精神的または身体的理由で日常生活に常時介護を必要とし、自宅ではお世話を受けることが困難な方を対象としています。

  • 吹田特別養護老人ホーム「松風園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「松風園」

    介護が必要な利用者に対して、健康で安定した生活を送っていただくことを目的として、利用者本位の総合的な援助を行います。

  • 吹田訪問看護ステーション

    吹田
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者および居宅介護支援事業からの居宅サービス計画に沿って、利用者の自立とQOLを高め得るに適切な利用者中心のサービスを提供します。

  • 東淀川訪問看護ステーション

    東淀川
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者の意思および人格を尊重し、利用者の立場に立った適切な指定訪問看護の提供することを目的としています。

  • 医療型児童発達支援センター「吹田療育園」

    医療型児童発達支援センター
    「吹田療育園」

    子どもの状態を正しく把握し、疾病の早期発見、早期治療に努めています。病院との連携を深め、適切な指導を行います。

  • 健都健康管理センター

    健都健康管理センター

    地域医療機関と協働し予防医療・健康増進に寄与するため、平成30年11月「健康・医療のまち健都」の駅前複合商業ビルVIERRA(ビエラ)岸辺健都2階フロアに移転します。

page top