MENU

看護部について
看護部の理念と目標
看護部長メッセージ
採用情報
2020年度募集要項
看護師・助産師経験者募集要項
看護職員募集案内(PDF)
病院見学会・イベント情報
インターンシップ
再就職へ向けての勉強会開催
資料請求フォーム
済生会吹田病院オリジナルナースバンク
看護部学生向け奨学金制度(PDF)
大阪府新人看護職員研修
吹田病院の看護師さん
認定看護師・専門看護師紹介
ひよこ認定奮闘記
出身校一覧
キャリアアップ
先輩メッセージ
病棟紹介
メンズナース特集
プリセプターシップ
勤務形態について
福利厚生~吹田病院で働く

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院 看護部

検索

ひよこ認定奮闘記~認定看護師になるまでの成長記録~

ひよこ認定奮闘記~認定看護師になるまでの成長記録~

プロフィール

名前:
おおたこ みかん
年齢:
30代前半
看護師歴:
10年くらい
部署:
糖尿病、消化器内科病棟
好物:
たこの唐揚げ
趣味:
みかん鑑賞
たまご時代 決意 2014年9月

私はごく普通の看護師。特別何かに長けているものはなく、淡々と仕事をこなす毎日。 これまで、看護研究、プリセプター、学生指導、チームリーダー、各種員会と 色々な役割を経験し学んできました。そして今、私はこのままでいいのだろうか? 私のやりたいことは何だろう?よーく考えてみることにしました。

私は、糖尿病療養指導士の資格を持っていたので、糖尿病患者さんに関わる事は多かったです。それをきっかけに仕事の幅も増え、今までより広い視点で患者さんに関わってきました。
院内には困っている患者さんが沢山いる!
私はもっと糖尿病患者さんのサポートがしたい!
今以上に知識と技術を身に付けなければいけない!!
そして私は決意しました。

認定看護師になるためには、認定学校へ入学し、定められた講義と実習を受ける必要があります。学校を卒業後に認定看護師の試験を受け、それに合格したら認定看護師になる事ができます。

認定学校へ行くとなると仕事は1年間休まなければいけません。
病院には迷惑をかける事になりますが、上司は快く承諾し応援するといってくれました。
私にスキルアップのチャンスを与えてくれました。
スタッフの皆さんも温かく応援してくれて、頑張る勇気をもらいました。
理解ある病院、いい仲間に恵まれ、私はとっても幸せ者です!!

2015年2月

まずは、認定学校への入試対策!
仕事をしながら勉強の日々と上司を巻き込み面接の練習です。
忙しいけど目標に向かって頑張れる事はうれしい!!

2015年3月

認定学校入学試験はみごと合格!
私は認定看護師になるための第1歩を踏み出しのでした。

ひよこ時代 認定学校 2015年4月

私は認定看護師のひよことして、認定学校へ1年間在籍することになりました。
その間、病院からは離れ、久々の学生生活!!
不安もあるけど、夢への第一歩、楽しみだな。

認定学校では様々な事を学びます。
専門的な知識、技術はもちろん、認定看護師として必要な能力、自分の病院での役割、そして自分自身の課題を見つめ直す機会にもなりました。
しかし・・・その道のりは険しく、なんどもなんども挫折しそうになりました。

認定学校で大変だったことは、レポートとテストに追われたことです。
全教科、レポートかテストをクリアしないと次へ進めません。
覚えの悪い私は、壁一面に紙を貼ったり、毎日音読したり、書きまくったりとにかく必死でした。勉強がこんなにも苦痛だなんて・・・。自分が情けなくてなんどか涙しました。

実習では患者さんにとことん向き合いました。そのため記録も膨大で毎日睡眠不足です。自分の看護にも自信がもてず、苦しくて涙することもありました。

それでも私が頑張れたのは、一緒に学び、同じ夢に向かって頑張った学校の仲間がいたからです。
私が帰るのを待っていてくださった上司や病院の仲間がいたからです。
いつも周りの人に助けられ、最後まで頑張ることができました。

仲間と夢を語りながら、食べ歩いた日々

皮膚・排泄ケア認定看護師

2016年3月

そして私は1年間の認定学校生活を終え、大阪に戻ってきました。

その後、仕事に復帰しながら、認定看護師試験を受けました。
結果は合格!! 私は認定看護師になる事ができたのです。
でも、ここからが本当のスタートですよね。

こけこっこ時代 認定看護師 2016年7月

認定看護師1年生の私は、外来や入院患者さんのサポート、多職種との協働、スタッフの教育、などなど院内を駆け回る日々です。
毎日が経験と勉強だと痛感!!

認定看護師、専門看護師が集まる会議にも出席しています。
この会議は、活動報告や学会報告などを行い、全領域の情報共有を行っている場所です。また、患者さんにとってよりよい医療や看護の提供ができるように、それぞれが専門性の視点で活動しています。
分野を超えて相談し合える関係性は、1年生の私にとって、とても心強いと感じています。

認定看護師として、どうやって活動していけばいいのか、分からないことも沢山あります。迷うことも、悩むこともあるけど、先輩認定看護師のみなさんがサポートして下さいます。
だから、私にできる事から始めよう!
これからも先輩方を見習って頑張ろう!と思うのでした。

こけこっこ時代 認定看護師3年目 2018年10月

皆様こんにちは。
久しぶりに更新させて頂きます。

今年は新しい分野の認定看護師が誕生しました。
ついに私も先輩なりました!
私共々よろしくお願いします。

認定看護師の働き方には、「専従」と「専任」という形があります。
「専従」は当該診療の実践を専ら担当している者
「専任」は当該診療の実施日において専ら従事している者
という違いがあります。私は「専従」の方なので、1週間に数日活動日を設定し、それ以外の日は病棟や外来でスタッフと同じ様に働いています。
今日は「専従」である私の1週間をご紹介したいと思います。

ではここからは1週間の曲に乗せてどうぞ
  • 月曜日は張りきり外来、患者に面談・アドバイス~

  • 火曜日は活動日です、院内の相談受けてます~(コンサルテーション)

  • 水曜日は病棟で中勤(遅出日勤)、患者の受け持ちもします~

  • 木曜日は夜勤に入り~

  • 金曜日は明けにて眠い~

  • 土曜日は休みだ遊ぼ~

  • 日曜日は勉強しよう~

みなさ~まよ、これが私の1週間の仕事です。

専任の認定看護師は、このように1週間を過ごします。

こけこっこ時代 認定看護師3年目 2018年11月

皆様こんにちは。
今日は私の認定看護師としての1日のお仕事を具体的にご紹介したいと思います。

学校で学んだ知識や技術を患者さんに提供するのはもちろんですが、院内のスタッフにも指導し、病院全体の質の向上につなげる役割もあります。

こけこっこ時代 認定看護師4年目 2019年4月

皆様こんにちは。
久しぶりにブログ更新させて頂きます。
ついに私も4年目に突入です!
中学生に成長できたかな???

認定看護師4年目になると、院内の活動もだいぶ慣れてきました。
院内だけではなく、院外の活動も増え、忙しさもひとしおです。

今日は私の近況を報告したいと思います。
実は、今年の2月に部署異動をしました!
私の認定分野の主たる領域は”内科系病棟”ですが、今回”外科系病棟”に異動になりました。

認定看護師は特定の分野の専門性を発揮し、院内にいる全ての患者さんや看護師に介入するスペシャリストです。
しかし、特定の分野だけを極めておけばよいのでしょうか???
本来、看護師はジェネラリストでなければいけません。
院内を対象とする認定看護師は特に、違う分野の、病棟や外来でも経験を積み、勉強する必要があるのです。

ジェネラリスト
特定の分野や領域、働く場所や携帯にとらわれず、あらゆる対象に対して臨機応変に活躍できること

というわけで、十数年間、内科系病棟の経験しかない私は、現在外科系病棟で奮闘中。外科での自分の分野の認定看護師としての使命を果たせるべく、活動しています。

今まであまり関わる事が無かった人とも交流が増えました。
新しい仲間を少し紹介します

当院の認定看護師の、先輩・後輩は、いつでも相談し合える関係にあります。1人しか在籍していない分野は心細い時もある。先輩達はそれを知っているから、後輩が出来ると、自分から声をかけます。私も先輩に助けてもらいながらここまで成長できたので、分野を超えて相談し合える関係は、とてもありがたいと思っています。

ジェネラリストとしても成長できるように、しばらく外科系病棟で頑張ります

看護部
看護部について
採用情報
先輩メッセージ
吹田病院で働く看護師さん
キャリアアップ

page top