MENU

トップページ
済生会吹田病院 公式facebook
済生会吹田病院 公式Instagram
済生会吹田病院 臨床研修公式facebook
済生会吹田病院栄養科のキッチンクックパッド済生会吹田病院栄養科のキッチン
新着お知らせ一覧
イベントのお知らせ
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
相談窓口のご案内
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内(健都健康管理センター)
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
前立腺がんセンター
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
常勤医師募集
ナースアシスタント(看護助手)正規職員募集
2020年度看護職員募集要項
看護師・助産師経験者募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
健都健康管理センター
医療関係者の方へ
地域予約について
登録医の紹介
ICT連携「さいすいヘルスケアネット」のご案内
研修会・勉強会等のお知らせ
薬剤科からのお知らせ
介護・福祉関係者向け
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
医療型児童発達支援センター「吹田療育園」
健都健康管理センター

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

前立腺がんの治療

前立腺がんの治療

手術

開腹手術腹腔鏡手術(当院で行っています)

近年前立腺がんの手術は低侵襲化が進み、腹腔鏡手術が急速に普及しています。従来の開腹手術は、へその下部を15cm程度切開して切除する方法が一般的です。

ロボット支援腹腔鏡手術(当院で行っています)

米国で開発された手術支援ロボットです。
医師がモニターを見ながらロボットアームを操作するため、より精密で、正確な動きが可能です。ロボット手術といっても基本的には医師が人間の手のようになめらかに動く鉗子操作し手術を行います。

カメラより送られる映像は3D画像で、遠近感がとらえやすくなっています。さらに手ぶれ防止機能や手の動きを縮小して伝えるスケーリング機能などがあり、精密で微細な動きが可能になりました。前立腺がんの腹腔鏡手術では、特に骨盤内での操作が難しく、出血などの問題がありましたが、神経の温存や血管の処理には手術支援ロボットのほうがはるかに有利です。

手術支援ロボットによる手術風景

手術支援ロボットを導入しました

放射線治療

高精度放射線治療(当院で行っています)

前立腺がんの治療には摘出手術を適用するのが一般的ですが、高齢者など手術が難しいと判断されると放射線療法で対処するケースがあります。放射線療法は体に負担が少なく、全摘出手術と同程度の効果が得られる治療法です。周辺組織を傷つけずに済むことから、性機能が維持される確率も高くなります。ただし、治療後に排尿や直腸に合併症が現れることもありますので注意が必要です。
当院では高精度放射線治療装置による治療を行っており、精密な治療のために画像診断を用いる、IGRT(画像誘導放射線治療)を行っております。CTやX線画像で照射部位を確認し、正確に放射線を照射していきますので通常の照射法と比べ副作用や合併症を少なくする効果が期待できます。

密封小線源治療(当院では行っていません)

放射線を出す小さな線源(カプセル)を前立腺内に挿入して埋め込み、前立腺の内部から放射線を照射する治療法です。線源にはヨウ素125という放射性同位元素が密封されています。埋め込む数は50個~100個程度で患者さんによって異なります。埋め込む位置は、あらかじめコンピュータを用いて、尿道や直腸などの他の臓器への影響が最小で治療効果が高い場所を選びます。
線源から放出される放射線は徐々に減少し、1年くらいでなくなります。カプセルは永久に前立腺に残りますが、問題はありません。

内分泌療法(当院で行っています)

男性テストステロンは前立腺がんを刺激し、テストステロンにより、前立腺がんは増殖して広がり続けます。テストステロンのはたらきを止めると、がんの増殖は抑制されます。これがホルモン療法(内分泌療法)と呼ばれる治療法です。 分泌療法は睾丸(精巣)を摘出する方法と、薬剤による治療法とがあります。薬剤による内科的治療には、作用によりいくつかの種類があり、男性ホルモンが前立腺にはたらかないように作用する薬剤の抗アンドロゲン剤の投与、女性ホルモンのエストロゲンの投与、テストステロンの分泌を抑制する薬剤LH-RHアナログや副腎皮質ホルモン剤の投与などがあります。ホルモン療法は効果がありますが、治療を開始して2年~4年ぐらいで、患者の半数以上に効果がみられなくなり、がん細胞が再度増殖することがあります。近年、新規の抗アンドロゲン剤が登場しさらに治療の選択肢が増えています。

化学療法(抗がん剤治療)(当院で行っています)

内分泌療法により、男性ホルモンであるテストステロンが抑制されますが、この治療法で効果がみられなくなったがんのことを去勢抵抗性前立腺がんと呼んでいます。この去勢抵抗性前立腺がんに抗がん剤であるドセタキセルやカバジタキセルが使用できるようになり、生存期間も有意に延長できていると報告されています。

化学療法センターの紹介

PSA監視療法(当院で行っています)

腫瘍マーカーのPSA(前立腺特異抗原)検診で、早期の段階で発見される前立腺がんが増え、がんを根治できるケースが増加しています。しかし、その一方で、必ずしも手術の必要がない前立腺がんが見つかり、行わなくてもいい治療が行われているという側面もあります。そこで登場してきたのがPSA監視療法です。この監視療法は、すぐに悪くなるとは考えにくい患者を対象に、積極的な治療は行わず、定期的にPSAや前立腺生検を行いながら、様子を見ていこうという治療です。前立腺がんはがんの中でも進行速度が遅いがんといわれ、安易にすぐ手術はしたくない、と考えている方はこの療法を実施している病院を選択するのも一つの方法かもしれません。

その他の治療(保険診療外)(当院では行っていません)

高密度焦点式超音波治療法(HIFU)

高エネルギーの超音波を発生させ、これを1点に集めることでその部分の温度が90℃程度になり、その部分にあるがん組織を凝固壊死させます。前立腺の場合は、肛門から治療用のプローブを挿入し前立腺内部に超音波を収束させます。

凍結療法

前立腺凍結療法は、がん細胞を凍結させてダメージを与えるものです。液体窒素が使われます。がん細胞を凍らせると活動は不活発になり、がんの活動も止まります。凍結を行うことにより免疫機構が活性化され、癌細胞を死滅させる効果があることも分かってきています。凍結と融解を繰り返すことによって、がん細胞を完全に死滅させるのが、前立腺凍結療法です。

放射線医薬品による治療(当院で行っています)

がんの骨転移による疼痛の緩和を目的とした治療用の放射性医薬品(ストロンチウム、ラジウム)による治療も行っています。

骨転移痛の緩和治療では、他のがん性疼痛と同様に、単に疼痛緩和の観点からのみならず、個々の患者の病態や治療計画とともに、その患者の生活の質(QOL)や日常生活動作(ADL)などを総合的に考慮して、鎮痛剤、抗がん剤等による薬物治療、放射線療法、及び外科療法などを用いた集学的アプローチが重要です。

当院では、がんに係る専門のスタッフ(緩和ケア認定看護師、化学療法専門薬剤師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカー等)が、患者さんやご家族の抱える様々な問題の解決・調整を援助しています。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


前立腺がんセンター
前立腺がんについて
前立腺がんの治療
地域連携

関連施設

  • 吹田特別養護老人ホーム「高寿園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「高寿園」

    おおむね65才以上の方で、精神的または身体的理由で日常生活に常時介護を必要とし、自宅ではお世話を受けることが困難な方を対象としています。

  • 吹田特別養護老人ホーム「松風園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「松風園」

    介護が必要な利用者に対して、健康で安定した生活を送っていただくことを目的として、利用者本位の総合的な援助を行います。

  • 吹田訪問看護ステーション

    吹田
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者および居宅介護支援事業からの居宅サービス計画に沿って、利用者の自立とQOLを高め得るに適切な利用者中心のサービスを提供します。

  • 東淀川訪問看護ステーション

    東淀川
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者の意思および人格を尊重し、利用者の立場に立った適切な指定訪問看護の提供することを目的としています。

  • 医療型児童発達支援センター「吹田療育園」

    医療型児童発達支援センター
    「吹田療育園」

    子どもの状態を正しく把握し、疾病の早期発見、早期治療に努めています。病院との連携を深め、適切な指導を行います。

  • 健都健康管理センター

    健都健康管理センター

    地域医療機関と協働し予防医療・健康増進に寄与するため、平成30年11月「健康・医療のまち健都」の駅前複合商業ビルVIERRA(ビエラ)岸辺健都2階フロアに移転します。

page top