病院サイトへ

検索

障害児通所支援事業医療型児童発達支援センター 吹田療育園

ボイタ法について

 小児神経科医のボイタ教授が考案した運動障害を効果的に改善することができる治療法です。うつ伏せや仰向けの姿勢(出発肢位)をとりながら、身体の特定の部位(誘発帯)を決まった方向に圧迫することで、生まれつき誰もが脳の中に持っている運動パターンを刺激し活性化します。その結果、姿勢や運動が改善するだけでなく、色々な場面で自分の思いや要求を表現できるようになる為、表現力やコミュニケーション能力も良くなります。

適応

  1. 脳障害による運動障害(例:脳性麻痺等)
  2. 上下肢の末梢神経麻痺(例:分娩麻痺・二分脊椎等)
  3. 筋疾患
  4. 脊柱の病気や機能障害(例:脊柱側彎等)
  5. 股関節の発達障害(例:臼蓋形成不全・股関節脱臼等)
  6. 呼吸、嚥下、咀嚼機能の問題 他

効果

  1. 姿勢が良くなる
  2. 目的に応じた手と足の使用が可能となる
  3. 吸う、飲む、噛む等がしやすくなる
  4. 声が大きく、強くなる
  5. 呼吸が深くなり、規則正しくなる
  6. 睡眠・覚醒リズムが改善する 他

上記以外にも、様々な効果が期待できます。

詳細については、理学療法士が説明させていただきます。

施設について
施設の概要
契約通園において提供しているサービス
園生活について
ご案内(初めて受診される方へ)
施設紹介
アクセス
大阪府済生会吹田療育園 個人情報保護方針
吹田療育園における個人情報の利用目的について
入札情報

関連施設

  • 吹田特別養護老人ホーム「高寿園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「高寿園」

    おおむね65才以上の方で、精神的または身体的理由で日常生活に常時介護を必要とし、自宅ではお世話を受けることが困難な方を対象としています。

  • 吹田特別養護老人ホーム「松風園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「松風園」

    介護が必要な利用者に対して、健康で安定した生活を送っていただくことを目的として、利用者本位の総合的な援助を行います。

  • 吹田訪問看護ステーション

    吹田
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者および居宅介護支援事業からの居宅サービス計画に沿って、利用者の自立とQOLを高め得るに適切な利用者中心のサービスを提供します。

  • 東淀川訪問看護ステーション

    東淀川
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者の意思および人格を尊重し、利用者の立場に立った適切な指定訪問看護の提供することを目的としています。

  • 医療型児童発達支援センター「吹田療育園」

    医療型児童発達支援センター
    「吹田療育園」

    子どもの状態を正しく把握し、疾病の早期発見、早期治療に努めています。病院との連携を深め、適切な指導を行います。

  • 健都健康管理センター

    健都健康管理センター

    地域医療機関と協働し予防医療・健康増進に寄与するため、平成30年11月「健康・医療のまち健都」の駅前複合商業ビルVIERRA(ビエラ)岸辺健都2階フロアに移転しました。

  • 看護小規模多機能型居宅介護事業 なでしこ吹田

    看護小規模多機能型居宅介護事業「なでしこ吹田」

    病気をかかえていても医療と介護の専門家の目が行き届く環境で通所と宿泊サービス・訪問看護と介護サービスを組み合わせ、慣れ親しんだ地域と家で“身近な人に囲まれていつもの暮らしを続けること”をサポートします。

page top