MENU

新着お知らせ一覧
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
2018年度看護職員募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
地域連携
地域医療センターご利用マニュアル
研修会・勉強会等のお知らせ
介護・福祉関係者向け
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
児童発達支援センター「吹田療育園」

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

皮膚科

皮膚科の紹介

皮膚科とは

皮膚は人間の身体を包み守っている、身体の中で最大の臓器です。また、皮膚は全身の鏡であるともいわれ、身体の内部の病気が皮膚の変化として現れることもあります。そんな皮膚のさまざまな疾患を扱う専門の診療科が、皮膚科です。いわば皮膚にトラブルを抱える人、すべてが診療対象です。
一例を挙げても、湿疹、かぶれ、やけどや化膿などに代表される皮膚に限られたものから、全身疾患の一症状として皮膚に生じる病変、また切除が必要となるようなできものに至るまで多種多様です。
やはり基本は早期発見、早期治療。疾患によっては、完治まで根気強いつきあいが求められることもあります。気になる症状が現れたら、自己診断したり情報をうのみしたりすることは避け、まず専門医におまかせください。
皮膚疾患の診断と治療

当科での診断は視診を基本としますが、必要に応じて血液検査、画像検査、特殊検査(パッチテスト、皮膚生検など)をおこない、より正確な診断を徹底しています。治療に関してはステロイド外用、止痒剤だけではなく、漢方なども積極的に取り入れています。

吹田病院皮膚科の特徴

さまざまな治療法を積極的に取り入れ皮膚疾患全般に対応。

当科は、地域の中核病院の皮膚科として、皮膚疾患全般の治療をおこなっています。疾患に対して正しい知識をもっていただくため、患者さんにわかりやすく説明し、ご理解をいただいた上で適正な治療をおこなうよう心がけています。
特に難治性のアトピー性皮膚炎に関する治療相談、接触皮膚炎・薬剤アレルギーの原因検索などに、積極的に取り組んでいます。また、良性を中心に皮膚腫瘍の局所麻酔下での摘出術などもおこなっています。さらなる診療技術向上を目指し、兵庫医科大学皮膚科学教室との連携による外来診療・症例検討をおこない、日々研鑽に努めています。
皮膚科を受診時の症状例
  • できもの、腫れもの
  • 赤いぶつぶつ(発疹)
  • かゆみや痛みがある
  • 皮膚にしこりがある
  • 皮膚のしみやあざ
  • 爪の異常
  • 脱毛、頭皮の異常
光線(紫外線)治療

デルマレイ-200 タイプA・NBを用いて乾癬や尋常性白斑など皮膚疾患の治療を行っています。
その人にあった適正な照射量を測っていく最小紅斑量(MED)から治療を開始しています。
また、適宜効果を評価して照射量を変更しています。

しみ外来(自費、完全予約制)

ご自宅で毎日外用してしみが目立たなくなる治療を行います。
症状により効果が期待できないことがあります。

自費外来に受診される場合は、他科も含め保険診療は同日には出来ません。

爪ワイヤー(自費)

マチワイヤーを用いて、陥入爪の矯正を行います。
爪の状態により実施できないことがあります。

自費外来に受診される場合は、他科も含め保険診療は同日には出来ません。

代表的な皮膚科疾患

接触皮膚炎

皮属に接触した物質が原因となって湿疹が現れる症状で、俗に「かぶれ」といわれます。原因物質は、うるしなど毒性のある植物から昆虫、化粧品、太陽光線、化学物質などさまざま。その人の皮膚が持つ抵抗力が、物質の刺激に負けてしまうことによって起こる場合と、アレルギーによって起こる場合が考えられます。まず原因物質を特定し、適正な治療をおこないます。

アトピー性皮膚炎

かゆみを伴う慢性的な皮膚炎。はっきりした原因はまだ解明されていませんが、根本には皮膚の生理学的異常があり、そこへさまざまな刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。程度や状態も人によってさまざまですが、治療の基本は炎症のコントロール、かゆみのコントロール、スキンケアの3つになります。

白癬

いわゆる水虫、たむしなど、白癬菌というカビの一種が皮膚に寄生することによって起こる病気の総称です。症状としては強いかゆみと発疹が主となりますが、発生部位によって異なります。また、かゆみがないものもあります。治療と同時に、感染を防止するためには家族や施設で共用するスリッパやタオル、足拭きマットなどの滅菌が欠かせません。

乾癬

皮膚にできた赤い発疹の上にふけのような垢が付着し、ぽろぽろと剥がれ落ちる病気です。かゆみを伴うこともあります。慢性で出没を繰り返しますが、外用療法(ぬり薬)、内服薬(飲み薬)などから、症状や患者さんの生活スタイルに合わせて選択します。

掌蹠膿疱症(しようせきのうほうしよう)

手のひらや足の裏に無菌性の膿胞ができる慢性の病気です。原因はまだ解明されていませんが、免疫異常やアレルギー感染症などが考えられています。完治が難しいとされますが、継続した治療で症状を抑えることが可能です。

スタッフ紹介

  • 北川 恵子キタガワ ケイコ

    皮膚科科長(部長)

    専門分野
    • 皮膚科一般
    主な資格
    • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 宮﨑 愛ミヤザキ アイ

    (医長)

    専門分野
    • 皮膚科一般
    主な資格
    • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

診療日割表

皮膚科

午前

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
1診 北川
(基本予約診)
北川
(4週)
(基本予約診)
北川
(基本予約診)
北川
(基本予約診)
北川
(基本予約診)
北川
(第2・4週)
2診 宮﨑
(基本予約診)
宮﨑
(1・2・3・5週)
(基本予約診)
宮﨑
(基本予約診)
宮﨑
(基本予約診)
宮﨑
(基本予約診)
夏秋
(第2・4週)

午後

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
1診 手術 宮﨑
(しみ外来:保険外)
(予約)
検査・処置
(予約)
検査・処置
(予約)

当院での診療を希望されるみなさまへ

初診の患者さんには、「かかりつけ医」等からの紹介状の持参をお願いしています。お持ちでない場合は、選定療養費(保険適応外)のご負担が必要になりますので、ご了承ください。

近年、病院の機能や役割は地域のなかで細分化され、互いに連携しながらそれぞれの役割を果たすことが重要になっています。みなさまの健康管理をより充実したものにするためにも、まずは日頃の診察や健康相談が気軽にできる身近な「かかりつけ医」をお持ちになることをおすすめします。

「かかりつけ医」のご紹介もいたします。

当院での診療後、症状が落ち着かれたら近隣医療機関へのご紹介をおこなっています。お近くに「かかりつけ医」をお探しの場合は、主治医にお気軽にご相談ください。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


各診療科・部門紹介
内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
神経内科
代謝・糖尿病内科
腎臓内科
精神神経科
小児科
消化器・乳腺外科
整形外科
形成外科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
呼吸器外科
心臓血管外科
脳神経外科
リハビリテーション科(診療部)
麻酔科
救急センター
緩和ケア内科
看護部門
看護部門紹介
診療支援部門
臨床工学科
中央放射線科
臨床検査科
リハビリテーション科(中央技術部)
栄養科の紹介
薬剤部の紹介
導入機器紹介
導入機器のご紹介

page top