救急センター | 大阪府済生会吹田病院

救急センター

トップ 診療科のご案内

救急センター

特色

当院は大阪府二次救急医療施設ですが、症状によってはより高度な診療も実施しています。救急科として専従医師を1名配置、救急看護科とともに救急診療部を構成しています。当院では救急センターに24時間体制で内科系担当医、外科系担当医それぞれ1名に加え研修医2~3名を配置しています。
当院の立地から、吹田市をはじめ大阪市東淀川区や摂津市、茨木市などを中心に救急搬入を受け入れています。心疾患では循環器内科医がCCU日当直として常駐しており、常時急性心筋梗塞、狭心症患者等に対応しています。また、専門性の高い産婦人科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科の各救急患者受け入れについては各科が地域の後送病院としての輪番体制下で対応しています。なお、平成27年9月より脳神経外科診療体制の強化・整備を行い、脳神経内科の協力の下に急性期脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)患者さんを積極的に受け入れています。

施設の特色

救急医療施設としての使命を果たすため、当救急センターは、広い処置室・3つの診療室・6つの回復ベッドをもち、最新の医療機器を備えています。重症患者さんには集中治療室にて厳重な全身管理を実施しています。

ご紹介いただく先生方へ

地域連携課もしくは救急センターにご連絡ください。

カンファレンス・勉強会

救急および集中治療関係の症例検討会・講演会を行っています。