MENU

トップページ
済生会吹田病院 公式facebook
済生会吹田病院 公式Instagram
済生会吹田病院 臨床研修公式facebook
済生会吹田病院栄養科のキッチンクックパッド済生会吹田病院栄養科のキッチン
新着お知らせ一覧
イベントのお知らせ
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
診療の携帯・インターネット予約のご案内
相談窓口のご案内
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内(健都健康管理センター)
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
前立腺がんセンター
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
常勤医師募集
ナースアシスタント(看護助手)正規職員募集
看護職員募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
健都健康管理センター
医療関係者の方へ
地域予約について
登録医の紹介
ICT連携「さいすいヘルスケアネット」のご案内
研修会・勉強会等のお知らせ
薬剤科からのお知らせ
介護・福祉関係者向け
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
医療型児童発達支援センター「吹田療育園」
健都健康管理センター

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

精神神経科の紹介

精神神経科の紹介

精神神経科は、あらゆる心の病を扱う診療科です。ストレスの多い現代社会においては、ほとんどの人が心に大なり小なり何らかの問題を抱えながら生きています。また「老い」の問題も避けて通ることはできません。つきつけられた「老い」の事実は人の心に不安や抑うつを与え、この事実から逃れるためにさまざまな精神症状が形成されます。 そんな中で、精神科に求められる役割は非常に大きくなりつつあります。日本では未だに精神神経科への偏見を持ち、受診をためらわれる方もいらっしゃいますが、他の病気と同様、心の不調もこじれる前に専門的治療を受けるのが一番です。一人ひとり現れ方の違うさまざまな心の問題に対応するため、精神科医は常に研鑽に努めています。

増え続けるうつ病

今、うつ病は年々増加しています。若い世代を中心に、「現代型」と呼ばれる新しいタイプのうつ病も増えています。もはや誰もがかかる可能性のある病気といえますが、実際に治療をおこなっている人はまだ一部といわれています。精神症状だけでなく、身体の不調として現れる場合もありますので、まずは自分の心身の状態をしっかり把握することを大切にしましょう。

吹田病院精神神経科の特徴

日常的に経験しやすい精神症状でお悩みの方から心の病気まで幅広く診療をおこなっています。

複雑化する社会の中で、人々の心の病もますます多様化、重居化しています。従来のような、症状にカタログ的に病名を付け機械的に投薬をおこなうだけといった診療は役に立たなくなってきているといえるでしょう。 当院の精神神経科では、我々精神科医もまた年齢を重ねつつ現代社会を生きる一員であるという認識のもと、患者さんと同じ視点に立ってその声に誠実に耳を傾け、自然な形で回復のお手伝いができればと願っています。総合病院の中の精神科であるということから身体症状をもった患者さんが多いのも特徴のひとつで、内科や外科など他の診療科と連携した総合的な診断・治療をめざしています。

精神神経科の受診される増え続けるうつ病患者さんの症状例
  • 抑うつ、不眠、イライラ、不安、パニックや過呼吸発作
  • お年寄りの認知症症状
  • 思春期・青年期特有の問題
  • 発達の問題
  • 職場でのストレス
  • 夫婦関係・家族関係の問題など

代表的な精神神経疾患

うつ病

コラムでも解説したとおり、心と身体の両方にさまざまな症状が現れます。早い段階で適切な治療をおこなえば回復する病気です、治療の基本は投薬と休養ですが、本人の自覚と周囲の理解も欠かせません。

躁うつ病

憂うつに支配されるうつ状態の気分と、異常に高揚する躁状態が交互に現れる病気で、双極性障害とも呼ばれます。症状の現れ方は人によって違うので、適正な治療が必要です。

パニック障害

突然、何の前ぶれもなく脳が現実ではない危機を感じてしまい、パニックの発作に陥る病気です。発作が起こると、息が苦しくなって心臓がドキドキする、胸が締め付けられるように痛む、汗が噴き出す、身体が震える…などさまざまな症状が現れます。身体的には異常がないのですが、このような発作を繰り返すのは本人にとって恐怖以外の何者でもありません。心臓や呼吸器の検査でどこも悪くなければ、パニック障害を疑い専門医の診察を受けることが必要です。

統合失調症

偏見をもたれがちの病気ですが、発症率は100人に1人弱、決して珍しい病気ではありません。症状は、わかりやすい妄想や幻覚が出る場合、病とは気づきにくい活動性の低下や引きこもりがあります。薬物療法や心理社会的治療や精神療法を継続することで、社会復帰も可能です。気になる症状がある時は、早めにご相談ください。

てんかん

脳の神経細胞の異常な電気的興奮によって引き起こされる病気です。主な症状はてんかん発作ですが、発作の重さによって治療方法や日常の生活への注意点が変わります。

スタッフ紹介

  • 戸川 啓史トガワ ケイシ

    精神神経科科長(医長)

    専門分野
    • 精神科一般

診療日割表

精神神経科

午前

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
1診 戸川
(予約診)
戸川
(予約診)

(予約診)
戸川
(予約診)
当番医師
(予約診)
(第2・4週)
3診 戸川
(予約診)

午後

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
1診 戸川
(予約診)
戸川
(予約診)

当院での診療を希望されるみなさまへ

精神神経科の医師は、緩和ケアチームや認知症対策チームに所属し、主の入院患者を対象にチーム医療の中心を担っています。そのため、外来診療は完全予約制をお願いしております。予約の無い方や初診の方は、原則お断りしておりますことを、ご理解ください。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


各診療科・部門紹介
内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
脳神経内科
代謝・糖尿病内科
腎臓内科
精神神経科
小児科
消化器外科
乳腺外科
肝臓・胆のう・膵臓外科
整形外科
形成外科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
呼吸器外科
心臓血管外科
脳神経外科
リハビリテーション科(診療部)
麻酔科
救急センター
緩和ケア内科
歯科口腔外科
内分泌内科
看護部門
看護部門紹介
診療支援部門
臨床工学科
中央放射線科
臨床検査科
リハビリテーション科(中央技術部)
栄養科の紹介
薬剤部の紹介
導入機器紹介
導入機器のご紹介

関連施設

  • 吹田特別養護老人ホーム「高寿園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「高寿園」

    おおむね65才以上の方で、精神的または身体的理由で日常生活に常時介護を必要とし、自宅ではお世話を受けることが困難な方を対象としています。

  • 吹田特別養護老人ホーム「松風園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「松風園」

    介護が必要な利用者に対して、健康で安定した生活を送っていただくことを目的として、利用者本位の総合的な援助を行います。

  • 吹田訪問看護ステーション

    吹田
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者および居宅介護支援事業からの居宅サービス計画に沿って、利用者の自立とQOLを高め得るに適切な利用者中心のサービスを提供します。

  • 東淀川訪問看護ステーション

    東淀川
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者の意思および人格を尊重し、利用者の立場に立った適切な指定訪問看護の提供することを目的としています。

  • 医療型児童発達支援センター「吹田療育園」

    医療型児童発達支援センター
    「吹田療育園」

    子どもの状態を正しく把握し、疾病の早期発見、早期治療に努めています。病院との連携を深め、適切な指導を行います。

  • 健都健康管理センター

    健都健康管理センター

    地域医療機関と協働し予防医療・健康増進に寄与するため、平成30年11月「健康・医療のまち健都」の駅前複合商業ビルVIERRA(ビエラ)岸辺健都2階フロアに移転します。

page top