薬剤部 | 大阪府済生会吹田病院

薬剤部

薬剤部の紹介

院外処方せんの全面発行により、入院患者さんを中心とした内服薬、注射薬の調剤のほか以下の業務に取り組んでいます。

業務内容

外来受診時における術前中止薬のスクリーニング

入院時の持参薬チェックでは出血の恐れがある薬剤などを服用していた場合、手術延期や中止となることがあるため、入院2~3週間前に患者さんの服用中の薬剤についてハイリスク薬のチェックを行い医師に情報提供し医療安全に貢献しています。

薬剤管理指導業務

入院時の持参薬管理からはじまり退院時指導まで、入院中の内服薬、外用薬、注射薬の薬物療法が安全かつ安心して受けられるよう服薬指導や、副作用などの薬剤の情報収集及び提供を行っています。

DI(医薬品情報管理)業務

医薬品や薬事衛生などの医療情報について収集、加工、伝達などを行っています。具体的には医薬品の適正使用や副作用などのDIニュースの発行、TDM(薬物血中濃度モニタリング)、保険薬局からの疑義照会の対応、錠剤鑑別などの業務を行っています。

無菌調製

TPN無菌調製
TPN無菌調製について

カテーテル感染症の原因の1つとされる高カロリー輸液調製時の細菌汚染防止のため、無菌環境のなかで輸液類の調製を行っています。
クラス10,000のクリーンルーム内にクラス100のクリーンベンチ2基を備えています。

抗癌剤無菌調製について

全排気型安全キャビネット2基を設置した無菌調製室が化学療法センター(12床)内に併設されています。
複数の薬剤師により電子カルテ内にレジメン登録された内容と処方箋を照合鑑査し、必要な安全確認を行った上で無菌調製を行っています。

TDM(薬物血中濃度モニタリング)

患者さんのある時点の薬物血中濃度を測定し、得られた薬剤濃度を薬物動態学的な解釈に基づいた用法・用量の最適化など、計画的な治療管理を支援するものです。薬剤部では抗MRSA薬を中心に解析を行っています。

その他の業務

治験業務

当院では患者様の同意を得て新薬が医薬品として認められるために必要な臨床試験を行っています。
現在、第Ⅰ相試験から第Ⅲ相試験を実施していますが、薬剤部ではその補助的業務として治験薬の管理と調剤、また治験事務局としてSMO(治験施設支援機関)と連携をとりながら業務を行っています。

薬薬連携

近年特に地域における医療連携が求められるようになっています。
薬剤師も病院、保険薬局の垣根なく連携を深めることにより、機能的かつ合理的に地域医療に貢献できるものと考えます。
薬剤部では吹田市薬剤師会、東淀川区薬剤師会、摂津市薬剤師会との「地域連携薬剤師研修会」を定期的に開催し相互理解を深めるため活動を続けています。

その他

薬品管理業務、製剤業務、院外処方箋疑義照会などさまざまな業務を担当しています。
また、院内特殊製剤の調製、麻薬、向精神薬の管理、院内薬品管理など様々な場面で薬剤師が活躍しています。