MENU

トップページ
済生会吹田病院 公式facebook
済生会吹田病院 公式Instagram
済生会吹田病院 臨床研修公式facebook
済生会吹田病院栄養科のキッチンクックパッド済生会吹田病院栄養科のキッチン
新着お知らせ一覧
イベントのお知らせ
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内(健都健康管理センター)
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
前立腺がんセンター
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
常勤医師募集
ナースアシスタント(看護助手)正規職員募集
2020年度看護職員募集要項
看護師・助産師経験者募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
健都健康管理センター
医療関係者の方へ
地域予約について
登録医の紹介
ICT連携「さいすいヘルスケアネット」のご案内
研修会・勉強会等のお知らせ
薬剤科からのお知らせ
介護・福祉関係者向け
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
医療型児童発達支援センター「吹田療育園」
健都健康管理センター

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

呼吸器内科の紹介

呼吸器内科の紹介

呼吸器内科は、呼吸器、すなわち呼吸をつかさどる器官の診療・治療を専門的におこなっています。体外から酸素を取り込み二酸化炭素を排出するという、常に体外の空気と接しながら生物の活動にとってなくてはならない役割を果たす呼吸器だけに、ひとたび病に冒されると辛い症状が現れます。

例えば軽い運動でも息切れしたり、普通にしていても息が吸いづらい、一気に息が吐けない、あるいは咳や痰の増加、血痰、胸痛など、疾患によってさまざまです。疾患は慢性のものから急性のものまでありますが、いずれの場合も鍵になるのは早期発見・早期治療。どんな自覚症状も甘くみないで、かかりつけ医の判断を仰ぎましょう。

済生会吹田病院呼吸器内科の特徴

当院の呼吸器内科は、日本呼吸器学会および日本呼吸器内視鏡学会の認定施設であり、排菌結核を除く呼吸器疾患全般を対象に診療を行なっています。

  • 肺がん、胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患
  • 間質性肺炎や器質化肺炎・好酸球性肺炎・過敏性肺炎などのびまん性肺疾患
  • COPD(肺気腫)
  • 気管支喘息
  • 肺炎・非結核性抗酸菌症・慢性下気道感染症などの感染性疾患
  • 気胸や胸膜炎
  • その他睡眠時無呼吸症候群など

高齢化に伴う疾病構造の変化により、COPD、呼吸器感染症、肺がんなどの呼吸器疾患が増えつつあります。
当科は呼吸器病センターの内科部門として位置づけられており、各科の連携はもちろん、院内の多職種(リハビリテーション科、薬剤部、栄養科等)とも連携を図り、安心・安全に検査・治療を受けていただけるよう努めています。特に喀血や悪性腫瘍の治療に関しては、センター化のメリットを大いに活かし、呼吸器外科、放射線科とタイアップして集学的的治療を実践しています。
幅広い知識と最新の機器・技術を用いて呼吸器疾患の診療を行なうとともに、しっかりとインフォームドコンセントをおこない、患者さんに納得して治療を受けていただけるよう、最善を尽くしています。また、呼吸器疾患は長期にわたる治療や経過観察が必要になることも多く、急性期・慢性期を通じて切れ目のない診療をご提供できるよう、地域の先生方との連携もより密に地域の呼吸器診療にあたっていきたいと考えています。

呼吸器内科の病床は50床。のべ入院患者数は年間約1200人で、その約半数を肺がんなど腫瘍性疾患が占めています。次に間質性肺炎などのびまん性肺疾患や肺炎・気管支肺炎などの感染性疾患、喘息や慢性閉塞性肺炎の急性増悪、気胸などが多く入院されます。

年間の気管支鏡・局所麻酔下胸腔鏡検査数は300-350件で、超音波を併用した気管支鏡検査(EBUS-TBNA、EBUS-GS)を導入することによって、これまで診断が難しかった気管支周囲のリンパ節や肺の末梢にある小さな病変から組織を採取し、診断することが可能になっています。今後、肺がんや間質性肺疾患の診断をより向上させるため、クライオバイオプシー(肺の組織を凍らせて採取する方法)の導入も予定しています。

こんな症状が出たら、呼吸器内科を受診しましょう
  • 咳で安眠できない。
  • 咳、痰が長引く。
  • 風邪をこじらせたかなという症状。
  • 喉がぜいぜい、ヒューヒュー鳴って息苦しい。
  • 痰に血が混じる。黄色や緑の痰が出る。
  • 階段や軽い運動でも息が切れる。
  • 息を吸うと胸が痛む。

代表的な呼吸器内科疾患と当院での取り組み

肺がん

肺がんは近年増加傾向にあり、現在我が国のがんの死亡原因の中でトップの疾患です。タバコとの関連がよく言われていますが、喫煙しない人にも肺がんは発生します。
咳、痰、血痰、息切れ、胸痛などの症状で発見されることもありますが、無症状のことも多く、定期的な検診が重要になります。特にタバコを吸われる方は、定期的なCT検査をお勧めします。

肺がんが疑われる場合には、気管支鏡検査を行い組織学的に診断します。当院では小さな病変やリンパ節の組織を採取する際には、必要に応じて超音波の併用も行なっています。また、気管支鏡検査以外にもCTガイド下生検などを行うこともあります。

診断後は病気の広がりや全身状態を評価して、呼吸器外科、放射線科とのカンファレンスの上、薬物療法、外科的治療、放射線治療を組み合わせた集学的治療を実践しています。薬物療法としては特定の遺伝子変異(EGFR遺伝子変異、ALK遺伝子転座、ROS1融合遺伝子、BRAF遺伝子変異)の有無やPD-L1というタンパクの発現によって適応を判断し、従来の抗がん剤に加えて、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤など、患者さんやがんの状態に応じた治療を行なっています。
これらを含めた各種遺伝子変異検索のための、LC-SCRUM-Asia(国立がん研究センター東病院が中心となり行なっている他施設共同研究)や西日本がん研究機構(WJOG)等の研究グループが実施している臨床試験にも一部参加しています。
また、肺がんに伴う精神的・身体的苦痛に関しては、診断早期より緩和ケアチームとも連携して症状緩和に努めています。

間質性肺炎

肺の間質(肺胞隔壁および末梢の支持組織)に炎症がおこり、肺胞の壁の正常構造が壊れて線維化をおこすため、酸素と二酸化炭素の交換が障害される病気です。肺の機能が失われていきます。原因としては様々なものがあり、関節リウマチなどの自己免疫疾患、薬剤や健康食品、カビ(真菌)や羽毛などの吸入などが知られています。割合としては多くありませんが、慢性で原因が不明の特発性間質性肺炎は、難病に指定されています。
症状としては空咳や労作時の息切れなどがあります。
胸部レントゲンやCT、採血、呼吸機能検査などによる診断を行いますが、病因の検索のために気管支鏡検査や、呼吸器外科と連携して胸腔鏡下肺生検を行うこともあります。
治療法はその原因や病態によってことなりますが、必要に応じて抗線維化薬やステロイド、免疫抑制薬などの薬物療法や、酸素療法などを行います。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

以前は肺気腫や慢性気管支炎と言われていた病気ですが、近年になってタバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入することによって生じた肺の炎症性疾患として、こう総称されるようになりました。長年の喫煙などが原因で、気管支が炎症を起こしたり肺胞壁が破壊されたりして、肺胞でおこなわれている酸素と二酸化炭素の交換が不十分になり、咳や痰、息切れなどの症状が出てきます。

確定診断には呼吸機能検査を行い、気道が狭くなっている状態(閉塞性障害)の評価が必要です。また胸部CTで肺胞の破壊(気腫)の程度を確認します。
進行すると呼吸不全や心不全を起こし命に関わる病気ですが、初期の段階で病気を発見し、適切な治療を受ければ進行を食い止めることができます。
まずは早期に禁煙することが重要です。その上で薬物療法としては気管支拡張剤が中心となります。また、必要に応じて呼吸器リハビリテーションや在宅酸素療法なども併用して治療を行います。経過中に感染などをきっかけに “急性増悪”という呼吸状態の悪化が起こることが知られており、状況によっては非侵襲的人工呼吸療法 (NPPV)などの併用も必要となることがあります。COPDは継続した治療が必要である他、心血管疾患や骨粗鬆症、糖尿病などを併発しやすいことが知られており、かかりつけ医との連携を行いながら治療に当たっています。
なお、早期の診断のためにも、40歳以上の喫煙者は、肺機能検査をできれば毎年受けることをおすすめします。

気管支喘息

発作的に咳や呼吸困難がおこり、ぜいぜい、ヒューヒューと喉が鳴ります。1日のうちでも時間によって症状に変化が見られたり、寒暖の差や運動によっても誘発されることがあります。小児期に喘息と言われたことがなくても、中高年になってから発症することもあります。適切な治療をせずに放置すると、重症化・難治化することもあります。

治療の中心は吸入ステロイド薬であり、症状が強い場合には気管支拡張剤や抗アレルギー薬を併用して治療を行います。それでも症状がコントロールできない場合には、喘息に関与する好酸球やIgEといった物質を直接抑えるような新しい生物学的製剤の注射も行なっています。

なお、最近は咳喘息と言って、咳症状が長引き咳止めのお薬では良くならない病態も増えてきています。こちらに関しても通常の喘息と同様に吸入ステロイドを中心とした治療を行います。
慢性型の方は症状がおさまっても、治療を続けることで今後の症状の出現や増悪を抑えることができますので、継続した治療が必要です。安定期には、地域の先生方と連携をとっておりますので、かかりつけ医での治療継続をお願いいたします。

肺炎

気道や肺は直接外界と接しているため病原体が侵入しやすく、細菌やウイルスなどの病原体が侵入し、肺胞で炎症を起こした状態を肺炎と言います。主な症状は咳や痰・発熱ですが、高齢者の場合は症状が出にくいのが特徴です。
通常の肺炎に対しては血液検査や培養検査により原因の病原体の検索を行いつつ、抗生剤による治療を行います。また、ご高齢の方では脳血管疾患や加齢により嚥下機能が低下するため、誤嚥による肺炎を起こしやすくなります。そのような場合には、嚥下機能の評価や口腔ケアなども合わせて行なっています。

気胸

肺はスポンジのように空気を含んだ臓器ですが、表面は薄い膜で覆われています。この膜が破れることで穴があき、胸腔や縦隔に空気が漏れて肺が縮んでしまう状態のことを気胸と言います。
自然に起こる自然気胸は、やせ型の若い男性に多く見られる他、肺気腫などで肺の構造が脆くなった中高年の方にも見られます。また、女性では、月経に伴って気胸が起こることもあります。
程度や原因により、経過観察や胸腔ドレナージや自己血や薬剤の注入などによる内科治療を行いますが、再発のリスクも高いため、必要に応じて呼吸器外科へご紹介の上、手術を検討することもあります。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は仕事の効率低下、高血圧や糖尿病、心不全など生活習慣病の悪化、交通事故などに関係することが知られており近年注目されています。
日中に眠気が強い、寝ても疲れが取れない、ご家族から寝ている間の呼吸停止やひどいいびきを指摘された方は、この疾患が疑われます。
当院では外来で簡便に検査できる簡易ポリソムノグラフィと、1泊2日の入院で行うポリソムノグラフィによる診断を行なっています。
治療としてはマスクで陽圧をかける持続陽圧呼吸療法(CPAP)を行います。また必要に応じて口腔外科と連携してマウスピースの作成をお願いすることもあります。

患者数

入院

2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
新入院患者数 1,345 1,332 1,300 1,166
退院患者数 1,344 1,333 1,263 1,131
在院患者数 20,904 20,522 20,470 18,700
入院延数 22,248 21,855 21,733 19,831
1日平均患者数 61.0 59.9 59.4 59.3
平均在院日数 15.5 15.4 15.8 16.3

外来

2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
新患者数 1,629 1,403 1,674 1,358
延患者数 20,132 20,264 21,404 18,818
1日平均患者数 75.4 76.2 74.3 70.2

スタッフ紹介

  • 長 澄人チョウ スミト

    副院長
    安全管理課感染管理グループ責任者
    診療支援部門副院長

    専門分野
    • 呼吸器疾患(肺癌・間質性肺炎他)
    • 気管支鏡診断
    主な資格
    • 日本内科学会指導医
    • 日本呼吸器学会指導医
    • 日本呼吸器内視鏡学会指導医
    • 身体障害者福祉法指定医
    • 日本内科学会評議員
    • 日本呼吸器学会代議員
    • 日本呼吸器内視鏡学会評議員
    • 大阪から肺癌をなくす会監事
    • びまん性肺疾患研究会幹事
    • 肺音(呼吸音)研究会世話人
    • 奈良県立医科大学臨床教授
  • 竹中 英昭タケナカ ヒデアキ

    呼吸器病センター長
    呼吸器内科科長
    臨床研修部部長(部長)

    専門分野
    • 呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患他)
    • 気管支鏡診断
    主な資格
    • 日本内科学会指導医
    • 日本呼吸器学会専門医
    • 日本呼吸器内視鏡学会指導医
    • 身体障害者福祉法指定医
    • 奈良県立医科大学臨床教授
  • 村上 伸介ムラカミ シンスケ

    (部長)

    専門分野
    • 呼吸器疾患(肺癌・呼吸器感染症他)
    主な資格
    • 日本内科学会認定 総合内科専門医
    • 日本呼吸器学会専門医・指導医
    • 日本呼吸器内視鏡学会専門医
    • インフェクションコントロールドクター(ICD)
    • 日本化学療法学会認定抗菌化学療法認定医
    • 日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医
    • 日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医
  • 岡田 あすかオカダ アスカ

    化学療法センター科長補佐(呼吸器内科医長)

    専門分野
    • 呼吸器疾患(肺癌・胸膜中皮腫他)
    主な資格
    • 日本内科学会認定 総合内科専門医・指導医
    • 日本呼吸器学会専門医
    • 日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
    • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    • 身体障害者福祉法指定医
  • 茨木 敬博イバラキ タカヒロ

    (医員)

    主な資格
    • 日本内科学会認定内科医
  • 堀本 和秀ホリモト カズヒデ

    (医員)

    主な資格
    • 日本内科学会認定内科医
  • 古山 達大フルヤマ タツヒロ

    (医員)

    主な資格
    • 日本内科学会認定内科医
  • 太田 和輝オオタ カズキ

    (後期研修医)

呼吸器病センター診療日割表

午前

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
1診 竹中
(呼吸器内科)
(予約診)
岡田
(呼吸器内科)
(予約診)
西村
(呼吸器外科)
(予約診)
茨木
(呼吸器内科)
(予約診)
2診 村上
(呼吸器内科)
(予約診)
西村
(呼吸器外科)
(予約診)
堀本
(呼吸器内科)
(予約診)
竹中
(呼吸器内科)
(予約診)
茨木
(呼吸器内科)
(予約診)
3診
(呼吸器内科)
(予約診)

(呼吸器内科)
(紹介・予約診)

(呼吸器内科)
(予約診)10時00分から

(呼吸器内科)
(予約診)

午後

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
1診 太田
(呼吸器内科)
(予約診)
西村
(呼吸器外科)
(予約診)
2診 竹中
(呼吸器内科)
(予約診)
村上
(呼吸器内科)
(予約診)
堀本
(呼吸器内科)
(予約診)
3診 古山
(呼吸器内科)
(予約診)
岡田
(呼吸器内科)
(予約診)
4診 松浦
(呼吸器外科)
(予約診)
8診 茨木
(呼吸器内科)
(予約診)

その他、月~金の午前中は、呼吸器内科初診外来を行っています。

当院での診療を希望されるみなさまへ

初診の患者さんには、「かかりつけ医」等からの紹介状の持参をお願いしています。お持ちでない場合は、選定療養費(保険適応外)のご負担が必要になりますので、ご了承ください。

近年、病院の機能や役割は地域のなかで細分化され、互いに連携しながらそれぞれの役割を果たすことが重要になっています。みなさまの健康管理をより充実したものにするためにも、まずは日頃の診察や健康相談が気軽にできる身近な「かかりつけ医」をお持ちになることをおすすめします。

「かかりつけ医」のご紹介もいたします。

当院での診療後、症状が落ち着かれたら近隣医療機関へのご紹介をおこなっています。お近くに「かかりつけ医」をお探しの場合は、主治医にお気軽にご相談ください。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


各診療科・部門紹介
内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
脳神経内科
代謝・糖尿病内科
腎臓内科
精神神経科
小児科
消化器外科
乳腺外科
肝臓・胆のう・膵臓外科
整形外科
形成外科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
呼吸器外科
心臓血管外科
脳神経外科
リハビリテーション科(診療部)
麻酔科
救急センター
緩和ケア内科
歯科口腔外科
内分泌内科
看護部門
看護部門紹介
診療支援部門
臨床工学科
中央放射線科
臨床検査科
リハビリテーション科(中央技術部)
栄養科の紹介
薬剤部の紹介
導入機器紹介
導入機器のご紹介

関連施設

  • 吹田特別養護老人ホーム「高寿園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「高寿園」

    おおむね65才以上の方で、精神的または身体的理由で日常生活に常時介護を必要とし、自宅ではお世話を受けることが困難な方を対象としています。

  • 吹田特別養護老人ホーム「松風園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「松風園」

    介護が必要な利用者に対して、健康で安定した生活を送っていただくことを目的として、利用者本位の総合的な援助を行います。

  • 吹田訪問看護ステーション

    吹田
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者および居宅介護支援事業からの居宅サービス計画に沿って、利用者の自立とQOLを高め得るに適切な利用者中心のサービスを提供します。

  • 東淀川訪問看護ステーション

    東淀川
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者の意思および人格を尊重し、利用者の立場に立った適切な指定訪問看護の提供することを目的としています。

  • 医療型児童発達支援センター「吹田療育園」

    医療型児童発達支援センター
    「吹田療育園」

    子どもの状態を正しく把握し、疾病の早期発見、早期治療に努めています。病院との連携を深め、適切な指導を行います。

  • 健都健康管理センター

    健都健康管理センター

    地域医療機関と協働し予防医療・健康増進に寄与するため、平成30年11月「健康・医療のまち健都」の駅前複合商業ビルVIERRA(ビエラ)岸辺健都2階フロアに移転します。

page top