放射線科 | 大阪府済生会吹田病院

放射線科

当科のご紹介

各科、地域医療との連携も密に熟練した専門スタッフによる画像診断、放射線治療をおこないます。

当院の放射線科では、各診療科の医師や提携医療機関の依頼に基づき、CT、MRl、核医学検査、消化管造影などの画像診断と、血管造影を中心としたIVR(lnterventional Radiology:画像下治療)および放射線治療などをおこなっています。
特に近年では装置や技術の進歩により診断能が向上するとともに、患者さんに負担をかけないよりスムーズな検査や治療が可能になってきました。また、一般撮影、MRI、CTなどの画像を連結する画像ネットワーク(PACS)を導入、電子カルテとの連動により、より正確な診療と緻密な連携を実現しています。

放射線と被曝

射線科でおこなうほとんどの画像診断検査では、放射線被曝を伴います。健康への影響を懸念される方もいらっしゃいますが、一般に診断目的の医療における放射線被曝は極微量で、その危険性はないといえます。さまざまな検査を短期間に繰り返して受けた方も、心配はありません。
被曝を不安に思うことよりもむしろ適切な検査を受ける方が大切です。当院では放射線管理士が被曝の管理をおこない患者さんの被曝低減に努めるとともに、専任の担当技師により機器の安全な稼働を徹底しています。安心して検査をお受けください。