MENU

新着お知らせ一覧
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
2018年度看護職員募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
地域連携
地域医療センターご利用マニュアル
ICT連携「さいすいヘルスケアネット」のご案内
研修会・勉強会等のお知らせ
薬剤科からのお知らせ
介護・福祉関係者向け
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
児童発達支援センター「吹田療育園」

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

腎臓内科

腎臓内科の紹介

腎臓の主な役割は、血液中の老廃物や不要な物を尿として排出することです。さらに、体内環境の調節、すなわち血圧の調節や増血作用、内分泌にも重要な役割を果たしています。腎臓の機能が傷害されると、たんばく尿や血尿をはじめとする尿の異常所見が見られます。
自覚症状のあまりないままに少しずつ進んでいくことも多いので、尿検査が唯一の早期発見の手段になります。治療をしないで放置してしまった結果、透析が必要になってしまうこともあります。定期的な健診で、自己管理に務めましょう。特に高血圧、糖尿病、心臓病をもっている方は、普通よりリスクが高く注意が必要です。腎臓内科では、腎機能の温存から透析療法まで、さまざまな腎疾患治療に取り組んでいます。
多様な血液浄化治療を実施

腎不全が進行すると、老廃物が排池できず身体にたまり、体内環境の調節が乱れ、さまざまな不都合や合併症を招きます。そこで必要なのが、血液を身体の外に流し出し、人工的に透析する血液浄化治療です。当院では総合病院としての特性から、各科の専門医師と連携して以下のような血液浄化治療をおこなっています。

  • 重症心不全に対して持続血液浦過透析
  • 冠動脈疾患あるいは下肢の閉塞性動脈硬化症を有する家族性高脂血症に対してのLDLアフェレーシス
  • 劇症肝炎などの急性・亜急性肝不全や多臓器不全に対しての血漿交換
  • 潰傷性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患に対しての白血球(頴粒球)除去療法
  • ギランバレー症候群や重症筋無力症などの神経疾患に対しての血漿交換免疫吸着療法など

吹田病院腎臓内科の特徴

総合病院としてのメリットを生かし各科連携のもと最適のチーム医療を実践。

当科では腎臓疾患を全身性疾患の一部ととらえ、地域の基幹病院として、そして高次機能をもつ総合病院として、各科の医師と連携してその診療にあたっています。腎臓疾患の診断・確定には、エコーガイド下経皮的腎生検を実施しています。慢性腎不全の患者さんの血液透析(HD)導入、残腎機能保持に優れる腹膜透析(PD)など、種々の腎代替療法をおこなっています。
PDの患者さんで横隔膜交通症をきたした場合には、院内で積極的に胸腔鏡下での横隔膜縫縮術もおこないます。このほか、保存期の慢性腎不全の患者さんを対象にした腎臓病教室を開催するなど、管理栄養士、薬剤師、看護師および医事課のメンバーとともにチーム医療として腎不全の進行を阻止すべく、患者さんの啓蒙にも努めています。

腎臓内科を受診時の症状、疾患例
  • 尿検査の異常(たんぱく尿、血尿など)
  • 尿量の異常(多尿もしくは乏尿)
  • 浮腫(むくみ)
  • 高血圧
  • 貧血

代表的な腎臓内科疾患

ネフローゼ症候群

正確には病名ではなく、多量のたんぱく尿が排出され、血液中のアルブミンというたんぱく質が減少し3.0g/dl以下に低下した場合をこう呼びます。このためにまぶたの腫れや手足のむくみなどの症状が現れます。腎機能の低下が進むと尿毒症の症状が出てきます。ひとくちにネフローゼ症候群といってもさまざまな種類があり、病型や病態により経過も治療法も異なります。

慢性腎炎症候群

たんぱく尿や血尿が続き、進行とともに腎臓の働きが低下していきます。何年にもわたりゆっくり進行するので、病気に気がつかないまま経過してしまう人も多く、尿検査で発見されることがほとんどです。他の腎疾患と判別するには、腎生検が必要です。

急性腎炎症候群

突然または短期間に発症する腎炎。症状としては顔面や足のむくみ、尿量の低下、血液を含んだ黒っぽい尿などがありますが、無症状の人もいます。小児では約80~90%、成人は約60%が完全に回復します。

急速進行性糸球体腎炎

なんらかの原因で急に腎臓に炎症が起きて腎機能の悪化が進行し、治療しないと急性腎不全に至る疾患です。症状は微熱、食欲不振、浮腫、血尿、乏尿など。比較的まれな疾患ですが、その名の通り急速に進行するため、いち早い治療が重要です。

慢性腎不全

何らかの原因で腎機能が徐々に低下し、正常時の30%以下程度に落ちた状態。何年もかかって進行していくので、その程度によって症状の出方や治療法も異なります。失われた機能をもとにもどす有効な治療法はありませんが、進行を予防し、透析療法への移行をできるだけ遅らせること、合併症を予防することが治療の目的となります。

急性腎不全

多量の出血や薬剤などが原因となって腎機能が極度に低下し、体液の恒常性維持能が失われた状態。適切な治療を受ければ、かなりの部分は回復します。

スタッフ紹介

  • 岡本 恵介オカモト ケイスケ

    腎臓内科科長
    臨床工学科科長(医長)

    主な資格
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本循環器学会認定循環器専門医
    • 日本腎臓学会認定腎臓専門医
    • 日本透析医学会認定透析専門医
  • 杉本 雅史スギモト マサフミ

    (医員)

    主な資格
    • 日本内科学会認定内科医
  • 治村 章惠ジムラ フミエ

    (医員)

    主な資格
    • 日本内科学会認定内科医

診療日割表

腎臓内科

午前

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
4診 治村
(腎臓内科)
(予約診)
整形外科4診 (腎臓内科)
(紹介)
(予約診)

午後

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
3診 岡本
(腎臓内科)
(予約診)
4診 岡本
(腎臓内科)
(予約診)

当院での診療を希望されるみなさまへ

初診の患者さんには、「かかりつけ医」等からの紹介状の持参をお願いしています。お持ちでない場合は、選定療養費(保険適応外)のご負担が必要になりますので、ご了承ください。

近年、病院の機能や役割は地域のなかで細分化され、互いに連携しながらそれぞれの役割を果たすことが重要になっています。みなさまの健康管理をより充実したものにするためにも、まずは日頃の診察や健康相談が気軽にできる身近な「かかりつけ医」をお持ちになることをおすすめします。

「かかりつけ医」のご紹介もいたします。

当院での診療後、症状が落ち着かれたら近隣医療機関へのご紹介をおこなっています。お近くに「かかりつけ医」をお探しの場合は、主治医にお気軽にご相談ください。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


各診療科・部門紹介
内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
神経内科
代謝・糖尿病内科
腎臓内科
精神神経科
小児科
消化器・乳腺外科
整形外科
形成外科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
呼吸器外科
心臓血管外科
脳神経外科
リハビリテーション科(診療部)
麻酔科
救急センター
緩和ケア内科
看護部門
看護部門紹介
診療支援部門
臨床工学科
中央放射線科
臨床検査科
リハビリテーション科(中央技術部)
栄養科の紹介
薬剤部の紹介
導入機器紹介
導入機器のご紹介

page top