MENU

新着お知らせ一覧
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
2018年度看護職員募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
地域連携
地域医療センターご利用マニュアル
ICT連携「さいすいヘルスケアネット」のご案内
研修会・勉強会等のお知らせ
薬剤科からのお知らせ
介護・福祉関係者向け
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
児童発達支援センター「吹田療育園」

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

代謝・糖尿病内科

代謝・糖尿病内科の紹介

糖尿病を中心とした代謝疾患の診療を専門におこなう科です。ふつう、私たちの身体は臓器を正しく働かせるために必要なさまざまな物質(=ホルモン)をつくり、分泌する機能を持っています。これを内分泌代謝といいます。しかし何らかの障害によってこの分泌作用やホルモン作用に異常が起こった状態が、内分泌代謝疾患です。 なかでも糖尿病は、体内の糖代謝にかかわるインスリンというホルモンの作用が低下したため、体内に取り入れた栄養素がうまく利用されずに血液中のブドウ糖(血糖)が多くなり、その結果、身体のいろんな場所に障害をきたす病気です。 生活習慣病と関わりが深く、患者数もたいへん多いため、専門の科が設けられるケースが増えています。
怖い合併症

糖尿病の怖さは、引き起こされる合併症にあります。発見が遅れたり、治療を怠ったりすると、神経、皮膚、内臓、視覚など身体のあらゆるところにダメージが与えられます。一方、食事療法、運動療法、薬物療法を持続しきちんと血糖コントロールを持続すれば、普通の人とほとんど変わらない生活ができます。いかに上手につきあっていくかが、闘病の鍵といえるでしょう。

吹田病院代謝・糖尿病内科の特徴

外来・入院を利用して患者さんのより良いコントロールへ

当院は北摂での糖尿病教育認定施設の一つで外来を対象に、透析予防のための糖尿病教育を実施しています。 糖尿病は、強い意志を持った自己コントロールが必要ですが、生活の-部として無理なく根づかせることが継続の秘訣です。そこで常に迅速な検査を施行し、糖尿病の状態がいち早く把握できるようにするとともに、糖尿病手帳に検査等のデータを記載し、患者さん自身がデータを理解し糖尿病に取り組めるよう努力しています。 さらに患者さん同士が連帯感をつくりやすらぎが得られるよう、糖尿病患者専用の外来待合い、診察室をつくり、診療をおこなっています。患者さんの間には連携を深めるための自発的な組織(さざなみ会[現在、休会中])があり、当院通院中の患者さん間の交流や、大阪府糖尿病協会を通じた他院の組織との交流が図られており、当院の職員も会の講演等に協力しています。

入院の事例<糖尿病の教育入院など>

糖尿病をしっかり治療するには正しい知識、自分にあった食事療法、運動療法を身につける必要がありますが、外来での指導は時間的な制約があるため、糖尿病専門病棟での専門スタッフによる教育入院を実施しています。速やかな治療が必要な症例には血糖のコントロールを目的(症例によってはインスリン導入も含めた)とした入院や急性期入院もおこなっています。このほか、外科手術等にともなう血糖コントロールを他科と連携を取りながらおこない、糖尿病が当該科の疾患の治療の妨げにならないよう取り組んでいます。

糖尿病チェック

糖尿病には目立った自覚症状がありません。
下の項目が多く当てはまる人は健康管理に気を配り心配があれば、なるべく早く受診するようにしましょう。

  • Step1 糖尿病危険度

    あなたは糖尿病になりやすいタイプ?

    • 太り気味である。(胴囲男性で85cm、女性で90cm以上ある)
    • 40歳以上である。
    • 運動不足である。
    • お酒をよく飲む、量も多い。
    • おやつや間食を毎日する。
    • どうしても食べ過ぎてしまう。
    • 脂っこいものが好き。
    • 甘いものが好き。
    • 野菜や海藻類はあまり食べない。
    • 朝食を食べない、あるいはよく抜く。
    • 食事時間が不規則になりがち。
    • 夕食は夜8時以降になる。
    • 疲れやストレスがたまっている。
    • 妊娠中に血糖値が上がった。
    • 家族や親戚に糖尿病の人が何人かいる。
  • Step2 自覚症状

    ひょっとしたら糖尿病?

    • 最近、太ってきた。
    • 食欲旺盛で、いくらでも食べられる。
    • 時々、甘いものが急に欲しくなる。
    • ちゃんと食べているのにやせてきた。
    • 疲れやすく、疲れがとれない。
    • 足がむくみ、重い気がする。
    • よく喉が乾く。
    • 立ちくらみしたことが何回もある。
    • 尿の回数が増えたし、量も多くなった。
    • 尿が甘いにおいがする。
    • 尿の出が悪く、残留感がある。
    • 時々、手足がしびれ、ピリピリっとする。
    • 眼が疲れ、視力が落ちた気がする。
    • ちょっとしたヤケドや、傷の痛みに鈍くなった気がする。
    • 肌が癖い、かさついている。

スタッフ紹介

  • 最上 伸一モガミ シンイチ

    代謝・糖尿病内科科長(部長)

    専門分野
    • 糖尿病
    主な資格
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本糖尿病学会認定専門医
    • 日本旅行医学会認定医
  • 坂部 和美サカベ カズミ

    (医長)

    専門分野
    • 糖尿病
    主な資格
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本糖尿病学会認定糖尿病専門医
    • 日本医師会認定産業医
    • 日本人間ドック学会認定医
    • 人間ドック健診専門医
  • 北川 功幸キタガワ ノリユキ

    (医員)

    主な資格
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
  • 片山 智也カタヤマ トモヤ

    (レジデント)

    主な資格
    • 日本医師会認定産業医

診療日割表

糖尿クリニック

午前

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
最上
(予約診)
最上
(予約診)
坂部
(予約診)
北川
(予約診)
北川
(予約診)

午後

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
片山
(予約診)
坂部
(予約診)
最上
(予約診)
坂部
(予約診)
最上
(予約診)

当院での診療を希望されるみなさまへ

初診の患者さんには、「かかりつけ医」等からの紹介状の持参をお願いしています。お持ちでない場合は、選定療養費(保険適応外)のご負担が必要になりますので、ご了承ください。

近年、病院の機能や役割は地域のなかで細分化され、互いに連携しながらそれぞれの役割を果たすことが重要になっています。みなさまの健康管理をより充実したものにするためにも、まずは日頃の診察や健康相談が気軽にできる身近な「かかりつけ医」をお持ちになることをおすすめします。

「かかりつけ医」のご紹介もいたします。

当院での診療後、症状が落ち着かれたら近隣医療機関へのご紹介をおこなっています。お近くに「かかりつけ医」をお探しの場合は、主治医にお気軽にご相談ください。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


各診療科・部門紹介
内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
神経内科
代謝・糖尿病内科
腎臓内科
精神神経科
小児科
消化器・乳腺外科
整形外科
形成外科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
呼吸器外科
心臓血管外科
脳神経外科
リハビリテーション科(診療部)
麻酔科
救急センター
緩和ケア内科
看護部門
看護部門紹介
診療支援部門
臨床工学科
中央放射線科
臨床検査科
リハビリテーション科(中央技術部)
栄養科の紹介
薬剤部の紹介
導入機器紹介
導入機器のご紹介

page top