MENU

新着お知らせ一覧
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
2018年度看護職員募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
地域連携
地域医療センターご利用マニュアル
研修会・勉強会等のお知らせ
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
児童発達支援センター「吹田療育園」

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

眼科

眼科の紹介

眼科とは

眼科とは、その名のとおり目を専門とする診療科です。具体的には眼瞼(がんけん=まぶた)、結膜(眼球の表面を積う粘膜)、角膜(眼球の前面を覆う膜)、水晶体(レンズの役割を果たしているもの)、眼底(眼球の一番奥の部分)、病院によっては眼窩(がんか=頭蓋骨の目の部分)までが守備範囲となります。

目の異常は、近視や遠視、老眼のようなものから、明らかな病気まで、現れ方はさまざまです。また、同じ症状でもいろいろな病気の可能性が考えられます。日常的に使う器官だけに、少しでも異常を感じたら不快や不安が大きくなりますが、中には気づかないうちに進行するものもあります。他の多くの病気と同様に、眼科で扱う病気も早期に発見して適切な治療を受けることが第一です。

未熟児網膜症の診断と治療

当院は周産期医療センターとしてハイリスク出産に備えるNlCU(新生児集中治療室)をもつことから、眼科においても周産期医療に参加しています。未熟児や低体重児の未熟児網膜症の眼底検査に加え、異常が発見された場合はレーザー治療もおこないます。未熟児診療には熟練が必要で、専門的な技術と知識が要求されますが、当院では経験豊富な医師が信頼にお応えします。

吹田病院眼科の特徴

充実したスタッフ、連携体制のもと総合病院ならではの眼科医療を提供。

万全の体制のもと、インフォームドコンセントを大切にしたきめ細かな診療が当科の特徴です。また地域医療センターによる病病連携、病診連携も確立されていて、当院では対応不可能な疾患と判断した場合には近隣の大学病院などに加療目的の紹介がスムーズで、安心して診療を受けていただけます。 眼内手術は、基本的には入院にておこなっています。手術の中心はやはり白内障手術です。(下にその詳細をご紹介しておきます。)さらに当院には糖尿病で通院中の患者さんが多いことから、糖尿病網膜症を少しでも理解していただき治療の助けとなることを期待しています。

近年、眼科における医療機器の発達は著しく、機器の性能が診療のレベルを上げる大きな要因のひとつとなっています。当院においても、医療レベルのさらなる向上のためにも機器の更新に取り組み、地域医療連携においてより大きな役割を担えるようになりたいと考えています。

当院の白内障手術

現在、白内障は日帰り手術が積極的におこなわれていますが、すべての人に適応可能なわけではありません。当院では、一人暮らしでご家族のサポートが受けられない患者さん、他の全身疾患のある患者さんなど、日帰りが不可能とこちらが判断する場合、あるいは入院手術を希望される患者さんへの入院手術を主としておこなっています。特に糖尿病などの疾患が心配な場合は、当院では他科の主治医にコンサルトした上、術前全身検査を入院前におこない、万全を期して手術を施行しています。

代表的な呼吸器内科疾患

白内障

目の中の水晶体(レンズ)が白く濁ることにより、視力が低下してさまざまな症状が現れます。加齢とともに現れる老化現象のひとつです。進行した場合、視力を回復する手段は手術となります。

緑内障

眼圧の影響で視野が狭くなっていく病気で、放置すれば失明につながります。本人も気がつかないうちにゆっくりと進行するため、気がついた時にはかなりの視野が失われていることも。失われた視野は二度と戻りません。早期発見早期治療が大切な病気です。

網膜剥離

何らかの原因で網膜が外側の網膜色素上皮細胞から剥がれて、硝子体の中に浮き上がってしまう病気です。ふつうは、時間とともに剥がれた範囲が拡大し、長く続くと網膜の機能も低下していくので、放置すると失明する可能性が高まります。早期に発見して適切な治療をすれば視力は回復します。治療の中心は手術療法となります。

糖尿病網膜症

糖尿病の合併症のひとつで、糖代謝異常に伴って網膜の血管がスムーズに流れなくなり、さまざまな障害を起こし、時には失明に至ります。自覚症状のないまま徐々に進行し、突然急激な視力低下が起こるので、糖尿病の方は定期的に検査を受けることが必要です。

眼瞼下垂

まぶたが開きにくくなり、垂れ下がる病気です。先天性と後天性の原因があります。おもな治療法は手術ですが、症状の程度によって手術が必要かどうか判断します。

※当院では形成外科に手術を依頼しています。

スタッフ紹介

  • 山崎 慈久ヤマサキ シゲヒサ

    眼科科長(部長)

    専門分野
    • 眼科一般
    主な資格
    • 日本眼科学会認定日本眼科学会専門医
    • 身体障害者福祉法指定医
  • 市橋 卓イチハシ マサル

    (医員)

    専門分野
    • 眼科一般

診療日割表

眼科

午前

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
1診 市橋
(基本予約診)
市川
(基本予約診)
市橋
(基本予約診)
市川
(基本予約診)
市橋
(2・4週)
(基本予約診)
交代制
(第2・4週)
2診 山崎
(基本予約診)
山崎
(基本予約診)
交代制
(基本予約診)
山崎
(基本予約診)
3診

午後

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
1診 特殊検査 手術 特殊検査 手術 特殊検査

当院での診療を希望されるみなさまへ

初診の患者さんには、「かかりつけ医」等からの紹介状の持参をお願いしています。お持ちでない場合は、選定療養費(保険適応外)のご負担が必要になりますので、ご了承ください。

近年、病院の機能や役割は地域のなかで細分化され、互いに連携しながらそれぞれの役割を果たすことが重要になっています。みなさまの健康管理をより充実したものにするためにも、まずは日頃の診察や健康相談が気軽にできる身近な「かかりつけ医」をお持ちになることをおすすめします。

「かかりつけ医」のご紹介もいたします。

当院での診療後、症状が落ち着かれたら近隣医療機関へのご紹介をおこなっています。お近くに「かかりつけ医」をお探しの場合は、主治医にお気軽にご相談ください。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


各診療科・部門紹介
内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
神経内科
代謝・糖尿病内科
腎臓内科
精神神経科
小児科
消化器・乳腺外科
整形外科
形成外科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
呼吸器外科
心臓血管外科
脳神経外科
リハビリテーション科(診療部)
麻酔科
救急センター
緩和ケア内科
看護部門
看護部門紹介
診療支援部門
臨床工学科
中央放射線科
臨床検査科
リハビリテーション科(中央技術部)
栄養科の紹介
薬剤部の紹介
導入機器紹介
導入機器のご紹介

page top