MENU

新着お知らせ一覧
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
2018年度看護職員募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
地域連携
地域医療センターご利用マニュアル
研修会・勉強会等のお知らせ
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
児童発達支援センター「吹田療育園」

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

形成外科

形成外科の紹介

お知らせ

当院形成外科は2013年4月から新体制となり、30年ぶりの常勤化をしております。
2013年10月から乳幼児血管腫に対応するため、Vbeamレーザー(皮膚良性血管病変治療用レーザー装置、キャンデラ社)を導入しました。2014年4月からは日本形成外科学会教育関連施設と認定されています。
日本形成外科学会認定専門医による診療、治療を行っています。

形成外科とは

形成外科は、生まれつきの身体の表面の異常(体表先天異常)、外傷による変形や欠損、癖痕、悪性腫瘍切除手術による組織欠損などを、手術によって可能な限り正常な状態に近づける治療をおこなう外科の一分野です。治療対象は全身のあらゆるところに及ぶため、単独で治療にあたるだけでなく、他の多くの診療科との連携、チーム医療でもその存在意義を発揮する医療分野といえます。形成外科の目的は、形態を正常に近い形に充填したり再建したりすることで、機能回復とともに生活の質(QOL)を向上させることにあります。まずは患者さんとの信頼関係を構築し、その立場から最もふさわしい治療方法を選択することが求められます。

心にも変化を与える、形成外科の治療

形成外科が治療対象とする身体の表面の異常や欠損は、平たくいえば「見た目」に関わる問題です。外傷や手術による欠損や傷跡は、担当した他科との連携のもとで治療を進めるケースが多くあります。また、それ以外のたとえば先天的な異常や後天的なやけどやケガの跡なども、形成外科の技術でほとんどわからないように治療することが可能な場合があります。ご本人が気に病み人目を避けたいと思っているような部位を治療することにより、悩みが解消し、明るく積極的になれたという治療効果が現れることも少なくありません。このように、形成外科は「見た目」に悩む患者さんの心にも変化をもたらすことのできる診療科です。

吹田病院形成外科の特徴

幅広い執刀経験を礎に患者さんと向き合いよりよい治療の提供を目指す。

外傷全般から、先天異常、皮膚悪性腫瘍などあらゆる分野の手術に対応しています。常勤医は救急センターでの勤務経験もあり、全身熱傷、顔面骨骨折、軟部組織損傷などの外傷を中心に多くの手術を執刀するとともに三次救命医療にも携わり、全身管理についても豊富な経験を積んでいます。単独治療から総合病院ならではのチーム医療まで、持ちうる技術と設備を駆使してあらゆるニーズに応えます。また、特殊な病気や病態に関しては大学病院と連携してよりよい治療を提供いたします。診療においては、常に患者さんやご家族としっかりと向き合い、綿密なコミュニケーションによってご希望を最大限に汲み取れるよう心がけています。さまざまなケースがありますが、いずれの患者さんにも最終的に「受診してよかった」とご満足いただけるよう努めています。

形成外科の治療対象

先天異常

  • 頭蓋骨・顔面骨の変形
  • 口唇裂・口蓋裂
  • あざ・血管腫
  • 眼・鼻・耳など顔の変形
  • 漏斗胸
  • でべそ など

以上のような生まれつきの体表面の形態異常、あるいは皮膚病変は、形成外科の治療対象となります。

外傷および外傷後の変形

  • 外傷・火傷・手術後のケロイドやひきつれ
  • 顔面骨骨折

顔面や手、足など、外観や機能の変化が日常生活に影響を及ぼす部位の治療。外傷は受傷直後の適切な治療が大切ですが、不幸にして目立つ瘢痕や変形が残ってしまった場合は、それらの修正や矯正もおこないます。

再建外科

  • 乳房再建
  • 悪性腫瘍切除後再建(欠損部や変形の再建)
  • 顔面神経麻痺

たとえば乳がんによって乳房が切除された場合、患者さんのQOLの向上のため乳房の再建をおこなうなど、手術で切除された皮膚、筋肉、骨などの修復、再建をおこないます。

その他の疾患・変形

  • 皮膚の腫瘍(できもの)
  • 巻き爪
  • 褥瘡・難治性潰瘍
  • リンパ浮腫 など

診療内容

先天異常 手足の先天異常、耳の先天異常、臍ヘルニア など
外傷 顔面骨骨折、熱傷、軟部組織損傷 など
皮膚腫瘍 良性腫瘍、悪性腫瘍
瘢痕 瘢痕拘縮、ケロイド など
眼瞼下垂 老人性眼瞼下垂、先天性眼瞼下垂 など

手術実績

2013年度
入院手術 全身麻酔 99
局所麻酔 25
外来手術 局所麻酔 209
合計 333

主な手術内容

2013年度
新鮮熱傷 6
顔面骨折及び顔面軟部組織損傷 20
手足の先天異常、外傷 4
良性腫瘍(レーザー治療を除く) 207
テ悪性腫瘍 22
瘢痕・瘢痕拘縮 22
難治性潰瘍 8
血管腫(レーザー治療) 21
その他 23
合計 333

スタッフ紹介

  • 當内 竜馬トウウチ リョウマ

    形成外科科長

    専門分野
    • 形成外科
    主な資格
    • 日本形成外科学会専門医
  • 岡本 豊子オカモト トヨコ

    (レジデント)

    専門分野
    • 形成外科

診療日割表

形成外科

午前

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
1診
2診 岡本 岡本 岡本
3診 當内 當内 當内

午後

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
3診 當内
(予約診)
當内
(予約診)

当院での診療を希望されるみなさまへ

初診の患者さんには、「かかりつけ医」等からの紹介状の持参をお願いしています。お持ちでない場合は、選定療養費(保険適応外)のご負担が必要になりますので、ご了承ください。

近年、病院の機能や役割は地域のなかで細分化され、互いに連携しながらそれぞれの役割を果たすことが重要になっています。みなさまの健康管理をより充実したものにするためにも、まずは日頃の診察や健康相談が気軽にできる身近な「かかりつけ医」をお持ちになることをおすすめします。

「かかりつけ医」のご紹介もいたします。

当院での診療後、症状が落ち着かれたら近隣医療機関へのご紹介をおこなっています。お近くに「かかりつけ医」をお探しの場合は、主治医にお気軽にご相談ください。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


各診療科・部門紹介
内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
神経内科
代謝・糖尿病内科
腎臓内科
精神神経科
小児科
消化器・乳腺外科
整形外科
形成外科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
呼吸器外科
心臓血管外科
脳神経外科
リハビリテーション科(診療部)
麻酔科
救急センター
緩和ケア内科
看護部門
看護部門紹介
診療支援部門
臨床工学科
中央放射線科
臨床検査科
リハビリテーション科(中央技術部)
栄養科の紹介
薬剤部の紹介
導入機器紹介
導入機器のご紹介

page top