MENU

新着お知らせ一覧
吹田病院について
院長挨拶
ご来院の方へ
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
2018年度看護職員募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
地域連携
地域医療センターご利用マニュアル
研修会・勉強会等のお知らせ
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
児童発達支援センター「吹田療育園」

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

心臓血管外科の紹介

心臓血管外科の紹介

スタッフ紹介

  • 川田 雅俊カワタ マサトシ

    心臓血管外科科長(部長)

    専門分野
    • 血管外科手術
    主な資格
    • 日本胸部外科学会認定
    • 日本外科学会認定外科専門医

平成27年度の活動

当科は腹部以下の末梢血管外科を専門としています。平成25年4月より川田の1名体制となっており、京都府立医科大学 心臓血管外科の協力のもと下肢静脈瘤や末梢動脈性疾患等に対する手術を行い、他に虚血性潰瘍・壊死や静脈うっ滞性潰瘍、糖尿病性足病変等に対する創傷治療、深部静脈血栓症に対する抗凝固・線溶療法等を行っています。

下肢静脈瘤に対する治療は、抜去切除術を標準術式としてきましたが、平成28年3月末より血管内焼灼術を導入しました。少し前に登場したレーザーよりもさらに身体への負担が少なく、疼痛や術後の皮下出血の発生も低い高周波(ラジオ波)を用いています。またBarady hookという特殊な器具を用いたstab avulsion法で瘤切除を行うことによって、従来よりも小さな切開で手術することが可能になりました。2泊3日の入院で行いますが、軽症例は通院で高位結紮術を必要があれば外来で硬化療法も行っています。

末梢動脈性疾患に対しては、薬物(抗血小板剤や血管拡張剤)投与や運動療法で十分な改善が得られない跛行症例や、安静時疼痛や潰瘍・壊死を伴う重症虚血肢症例に対して、積極的に血行再建(血管内治療、血栓内膜摘除術や人工血管や自家静脈によるバイパス術、あるいは両者の組合せによるハイブリッド治療)を行っています。血管内治療は当院放射線科および奈良県立医科大学 放射線科と連携して行っています。

重症下肢虚血や糖尿病性足病変の症例は、可及的に下肢救済(救肢:大腿や下腿での大切断を回避すること)を目指す方針としています。ABI、TBI、皮膚潅流圧(SPP)測定等によって血行再建の要否を判断し、血流が不十分な場合は3D-CTや血管造影検査結果に基づいて血行再建を行い、血流が十分な場合は局所陰圧閉鎖療法や種々の外用剤・被覆剤を用いた最新の治療により、適切な創治療環境を整えて治癒へと導いています。これらの治療は、放射線科、糖尿病内科、腎臓内科、循環器内科、皮膚科、形成外科、整形外科、麻酔科等の医師、リハビリテーション科の理学療法士・作業療法士、薬剤師、管理栄養士等と連携して行っています。

平成19年より、皮膚・排泄ケア認定(WOC)看護師を筆頭とする院内のフットケアチームと連携して、入院患者のフットケア回診を行ってきましたが、糖尿病や透析合併症例の増加に伴って、退院後も継続してフットケアを行う必要性を痛感しました。また、重症下肢虚血や糖尿病、静脈うっ滞等で下肢に潰瘍や壊死を認める症例の救肢率向上のためには、ゲートキーパーが必要であることを自覚し、当科が主体となって、平成23年4月よりフットケア外来を開設しました。現在当科医師以外にWOCおよび院内フットケアチームの看護師、義肢装具士、皮膚科医師等が参加して、創傷処置のみならず、爪や胼胝・鶏眼の処置、SPP等での血流評価、フットウェアの作成や調整等を行っています。

今後の課題と展望

下肢静脈瘤に対しては高周波(ラジオ波)を用いた血管内焼灼術とstab avulsion法による瘤切除を標準術式とし、低侵襲で安全な手術を行っていきたいと思います。

また、重症下肢虚血や糖尿病性足病変の症例に対しては、可及的早期に介入して血流再建や創傷処置を行い、最新の創傷治療を取り入れながら救肢率をさらに向上させるように努力します。また、皮膚科や形成外科と連携をさらに強化して、植被や筋皮弁等を積極的に導入し、少しでも早期に社会復帰できるように努めていきたいと考えています。

患者数・手術件数

  • 入院(10床)

    平成27年度 平成28年度
    新入院患者数 119 128
    退院患者数 123 120
    在院患者数 2,979 3,086
    入院延数 3,102 3,206
    1日平均患者数 8.5 8.8
    平均在院日数 26.1 24.9
  • 外来

    平成27年度 平成26年度
    新患者数 280 260
    延患者数 3,434 3,359
    1日平均患者数 11.9 12.5

手術件数(血管内治療を含む)※手術室のみ

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
平成27年度 7 4 7 10 7 10 9 8 9 11 9 7 98
  • 主な手術
    術式 件数
    下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 56
    下肢静脈瘤手術(高位結紮術)※ 38
    下肢静脈瘤手術(血管内焼灼術) 1
    血行再建術(血管内治療) 22
    血行再建術(バイパス術、血栓内膜摘除術) 8
    四肢切断術(足部・足底) 11

    併施例を含まず

  • 手術件数推移(注:平成25年度より1人体制)

診療日割表

心臓血管外科

午前

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
5診 川田 川田
(処置)
6診 川田 川田
(エコー)
川田
(予約診)

午後

診察室月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
5診 川田
6診 川田 川田
(エコー)

当院での診療を希望されるみなさまへ

初診の患者さんには、「かかりつけ医」等からの紹介状の持参をお願いしています。お持ちでない場合は、選定療養費(保険適応外)のご負担が必要になりますので、ご了承ください。

近年、病院の機能や役割は地域のなかで細分化され、互いに連携しながらそれぞれの役割を果たすことが重要になっています。みなさまの健康管理をより充実したものにするためにも、まずは日頃の診察や健康相談が気軽にできる身近な「かかりつけ医」をお持ちになることをおすすめします。

「かかりつけ医」のご紹介もいたします。

当院での診療後、症状が落ち着かれたら近隣医療機関へのご紹介をおこなっています。お近くに「かかりつけ医」をお探しの場合は、主治医にお気軽にご相談ください。

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


各診療科・部門紹介
内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
神経内科
代謝・糖尿病内科
腎臓内科
精神神経科
小児科
消化器・乳腺外科
整形外科
形成外科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
呼吸器外科
心臓血管外科
脳神経外科
リハビリテーション科(診療部)
麻酔科
救急センター
緩和ケア内科
看護部門
看護部門紹介
診療支援部門
臨床工学科
中央放射線科
臨床検査科
リハビリテーション科(中央技術部)
栄養科の紹介
薬剤部の紹介
導入機器紹介
導入機器のご紹介

page top