MENU

トップページ
済生会吹田病院 公式facebook
済生会吹田病院 公式Instagram
YouTube 済生会吹田病院公式チャンネル
済生会吹田病院 公式LINEアカウント
済生会吹田病院 臨床研修公式facebook
済生会吹田病院栄養科のキッチンクックパッド済生会吹田病院栄養科のキッチン
新着お知らせ一覧
イベントのお知らせ
吹田病院について
院長挨拶
ラジオ放送「ワンポイントホスピタル」
ご来院の方へ
外来のご案内
初診の外来診療予約について
予約の変更について
交通のご案内
受付時間等について
診療日割表
初めて当院を受診される方
再診の方
紹介状をお持ちの方
小児科の救急診療について
診療の携帯・インターネット予約のご案内
相談窓口のご案内
各種教室のご案内
総合健診・人間ドックのご案内(健都健康管理センター)
各診療科・部門紹介
診療科紹介
周産期センター
がん診療について
前立腺がんセンター
看護部紹介
診療支援部門
採用情報
採用情報一覧
常勤医師募集
ナースアシスタント(看護助手)正規職員募集
看護職員募集要項
初期臨床研修
後期臨床研修
健都健康管理センター
医療関係者の方へ
新任医師の紹介
地域予約について
登録医の紹介
ICT連携「さいすいヘルスケアネット」のご案内
研修会・勉強会等のお知らせ
薬剤科からのお知らせ
介護・福祉関係者向け
関連施設
吹田特別養護老人ホーム「高寿園」
吹田特別養護老人ホーム「松風園」
吹田訪問看護ステーション
東淀川訪問看護ステーション
医療型児童発達支援センター「吹田療育園」
健都健康管理センター
看護小規模多機能型居宅介護事業「なでしこ吹田」

社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会吹田医療福祉センター 大阪府済生会吹田病院

検索

リハビリテーション科(診療部・中央技術部)

リハビリテーション科の紹介

リハビリテーションの役割

基本動作や日常生活の不自由さを改善させるために早期からの集中的なリハビリテーションを実施しています。
また、リハビリテーションが必要な患者さんが回復期病院への転院するまでの期間だけでなく、入院中からの在宅支援や、退院後の外来リハビリテーションも行っています。

特色・取り組み

特色

当院では、急性期リハビリテーションを中心に実施しており、退院後の訪問リハビリや外来リハビリも実施しています。

疾患別グループ

脳血管グループ

脳血管グループの取り組み

脳梗塞や脳出血で入院された患者さんは、早期より理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が介入させていただき、リハビリテーションが開始されます。半数以上の軽症患者様は2週間から1か月程度で本院より直接自宅に退院されます。重度障害の患者様も練習用装具を装着したり、免荷式歩行器を使って、可能な限り早期より起立・歩行練習を行い、回復期リハビリテーション病院などに転院して、継続してリハビリテーションを受けられる方もおられます。

  • 理学療法(長下肢装具・負荷式歩行器)

  • 作業療法(机上課題)

  • 言語聴覚療法(摂食練習場面)

骨関節疾患グループ

骨関節疾患グループの取り組み

外傷による骨折やスポーツ障害、変性疾患に対する関節手術など整形外科領域全般のリハビリテーションを実施する中で、特に腱板断裂手術後並びに膝人工関節手術後のリハビリテーションを骨関節グループスタッフで担当しております。整形外科医と連携を密にとり、状態の変化や問題点について常に情報共有を行うとともに動作解析や筋電計、筋力測定器を用いた評価を行っております。

その他の整形外科疾患に対するリハビリテーションにおいても、骨関節グループが中心となり、医師・看護師、ソーシャルワーカーとの積極的なコミュニケーションのもと後療法の見直しや診療データの収集、また、退院支援に関わり、外来でのリハビリテーションの継続や転院先病院への情報提供など切れ目のないリハビリテーションを提供しております。

心大血管グループ

心大血管疾患グループの取り組み

心不全や心筋梗塞などの心疾患患者さんを対象としています。心疾患患者さんにおけるリハビリテーションの効果は、①運動機能・体力の改善により、心不全症状(息切れ感など)が軽減する②筋肉量が増えて楽に動けるようになり、心臓への負担が軽減するなど、様々な効果が証明されています。

当院でも、心不全発症後や心筋梗塞術後の患者さんに対して、早期より介入し、個々の症状に応じて、運動療法や日常生活動作練習、退院後の生活指導を行っています。

また、必要な患者さんには、退院後も通院して頂き、運動療法(有酸素運動や筋力増強運動)や生活指導などを行い、継続した治療プログラムを提供しています。

呼吸器疾患グループ

呼吸器疾患グループの取り組み

慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎などの呼吸器疾患の方に対して、呼吸機能を含めた身体機能の維持向上を目的としたリハビリテーションに加え、病状に応じた呼吸法や適切な日常生活での動き方の指導を行っています。

また在宅酸素療法が必要な方には、入院中より自宅生活を想定して、携帯酸素ボンベの取り扱い練習や 実際の入浴場面での呼吸状態の評価や動作指導なども実施しています。 個々の身体に適した呼吸法や日常生活での動き方を理解し、息苦しさのない快適な社会生活を目指していきましょう。

訪問リハビリグループ

訪問リハビリグループの取り組み

当院では、介護保険利用での訪問リハビリテーションサービスを実施しています。訪問リハビリテーションでは病気や怪我、加齢によって身体機能や動作能力が低下し、外出や通院等が困難になった方に対して理学療法士、作業療法士がご自宅に訪問してサービスを提供します。日常生活の自立と家庭内、さらには社会参加の向上を図ることが目的です。住み慣れたご自宅や環境でリハビリテーションを実施することで、安心、安全にその人らしく在宅生活が継続できるように支援します。

介護支援専門員、呼吸療法認定士、住環境コーディネーター、糖尿病療養指導士など専門的な知識をもったセラピストが在籍しているのが特徴です。

訪問リハビリテーションのご案内

スタッフ紹介

  • 酒井 亮サカイ リョウ

    リハビリテーション科科長
    輸血管理室科長(部長)

    専門分野
    • 整形外科
    • 脊椎脊髄外科
    主な資格
    • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 竹中 英昭タケナカ ヒデアキ

    副院長
    呼吸器病センター長
    呼吸器内科科長
    臨床研修センターセンター長
    安全管理課感染管理グループ責任者

    専門分野
    • 呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患他)
    • 気管支鏡診断
    主な資格
    • 日本内科学会指導医
    • 日本呼吸器学会専門医
    • 日本呼吸器内視鏡学会指導医
    • 身体障害者福祉法指定医
    • 奈良県立医科大学臨床教授
  • 田上 宗芳タガミ ムネヨシ

    脳神経内科科長(部長)

    専門分野
    • 脳血管障害
    • 末梢神経障害
    • 頭痛
    主な資格
    • 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本内科学会認定総合内科専門医
    • 身体障害者福祉法指定医

当院は総合リハビリテーション病院として許可されています。

  • 専任医師4名
  • 理学療法士28名
  • 作業療法士13名
  • 言語聴覚士4名
  • アスレチックトレーナー2名
  • 事務員2名

計50名 (2020年6月現在)

認定資格

当院では以下の資格を取得した療法士が在籍しています。

認定資格主催者人数
がんのリハビリテーション研修会修了一般社団法人ライフ・プランニング・センター14名
骨粗鬆症マネージャー日本骨粗鬆症学会4名
3学会合同呼吸療法認定士3学会合同呼吸療法認定士認定委員会5名
転倒予防指導士日本転倒予防学会4名
認定理学療法士日本理学療法士協会4名
心臓リハビリテーション指導士日本心臓リハビリテーション学会1名
専門理学療法士日本理学療法士協会1名
認知症ケア専門士一般社団法人日本認知症ケア学会1名
日本糖尿病療養指導士日本糖尿病療養指導士認定機構1名

(2020年6月現在)

診療システム

  • 独自の外来はありません。整形外科、内科等の主治医が、リハビリの必要性を判断し、依頼を出します。
  • 担当する理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が決定され、リハビリが開始されます。
9時00分
~11時40分
9時00分
~9時40分
16時00分
~17時00分
※上記の診療時間は担当医の都合により変化する場合がございます

実績

さまざまな疾患を対象にリハビリを行なっています

整形疾患

  • 肩:上腕骨近位端骨折、腱板断裂、肩関節脱臼、投球障害、変形性肩関節症(人工関節)
  • 肘:肘頭骨折
  • 手:橈骨・尺骨骨折、手根管症候群、変形性手関節症(人工関節)
  • 股:大腿部近位端骨折、変形性股関節症(人工関節)
  • 膝:変形性膝関節症(人工関節)、靱帯損傷、半月板断裂、脛骨骨折
  • 足:踵骨骨折、アキレス腱断裂、足趾骨折
  • 腰:圧迫骨折、腰痛、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、分離症

脳血管疾患

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、硬膜外血腫、脳腫瘍、水頭症、高次脳機能障害など

心疾患

心不全・心筋梗塞

呼吸器疾患

慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、誤嚥性肺炎、肺癌

その他

  • 神経筋疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症など)
  • 皮膚疾患、血管外科疾患、癌疾患、外科的疾患術後、糖尿病、その他内部障害など

治療内容

理学療法(PT)

怪我や事故、身体に障害がある方に対して、基本的動作能力の回復を目指します。
(外来通院患者さんを対象にした牽引は行っておりませんのでご了承をお願い致します。)

  • 運動療法

  • 物理療法

  • 動作練習(起居動作、起立練習、歩行練習)

理学療法室にある機器類
  • 等速性筋力測定装置(CybexNORM)
  • 三次元動作解析システム
  • 免荷式歩行装具
  • トレッドミル
  • 上肢・下肢エルゴメーター
  • レッグエクササイザー
  • 超音波治療器

(外来通院患者さんを対象にした牽引は行なっておりませんのでご了承をお願いいたします。)

作業療法(OT)

日常生活動作(ADL)の獲得や社会復帰に向けて機能運動や動作練習を行います。治療や生活に必要な自助具やスプリントの作製も行っています。

  • 動作練習

  • ADL(日常生活動作)練習

作業療法室にある練習器具
  • 浴室
  • 調理台
  • ADLシミュレーション

言語療法(ST)

小児から高齢者まで幅広く現れる言語や聴覚、音声、認知、発達、摂食・嚥下に関わる障害に対して運動や指導、支援などを行います。

言語聴覚士の主な取り組み
  • 新生児スクリーニング検査(OAE・AABR)
  • 嚥下造影検査(VE)
  • 舌圧測定器による検査
  • 聴覚機能検査(オージオメータ、ティンパノメトリー)等

アスレチックトレーナー(AT)

スポーツ選手の競技復帰を目指します。

アスレチックトレーナーの主な取り組み
  • フィジカルチェック
  • 運動処方
  • スポーツ傷害の予防・管理

等速性筋力測定装置

当院骨粗鬆症の取り組み

骨粗鬆症検診の対象者に対して、体力測定を実施しています。

カンファレンス

各ラウンドや病棟カンファレンスに参加し対象者について他部署と情報の共有を行っています。

  • 栄養サポートチーム
  • 緩和ケア
  • 認知症サポートケア
  • 呼吸器サポートケア
  • リハビリテーション科勉強会・症例検討会
  • 脳神経外科回診
  • リハビリテーション科回診
  • 整形外科回診

このページについて、ご意見をお聞かせ下さい

  • 質問:このページの情報は役に立ちましたか?


  • 質問:このページは見つけやすかったですか?


各診療科・部門紹介
内科
消化器内科
呼吸器内科
循環器内科
脳神経内科
代謝・糖尿病内科
腎臓内科
精神神経科
小児科
消化器外科
乳腺外科
整形外科
形成外科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科
泌尿器科
皮膚科
放射線科
呼吸器外科
心臓血管外科
脳神経外科
リハビリテーション科(診療部・中央技術部)
麻酔科
救急センター
緩和ケア内科
歯科口腔外科
リウマチ科
ヘルニアセンター
腫瘍内科
看護部門
看護部門紹介
診療支援部門
臨床工学科
中央放射線科
臨床検査科
リハビリテーション科(診療部・中央技術部)
栄養科の紹介
薬剤部の紹介
導入機器紹介
導入機器のご紹介

関連施設

  • 吹田特別養護老人ホーム「高寿園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「高寿園」

    おおむね65才以上の方で、精神的または身体的理由で日常生活に常時介護を必要とし、自宅ではお世話を受けることが困難な方を対象としています。

  • 吹田特別養護老人ホーム「松風園」

    吹田特別養護老人ホーム
    「松風園」

    介護が必要な利用者に対して、健康で安定した生活を送っていただくことを目的として、利用者本位の総合的な援助を行います。

  • 吹田訪問看護ステーション

    吹田
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者および居宅介護支援事業からの居宅サービス計画に沿って、利用者の自立とQOLを高め得るに適切な利用者中心のサービスを提供します。

  • 東淀川訪問看護ステーション

    東淀川
    訪問看護ステーション

    要介護、要支援者の意思および人格を尊重し、利用者の立場に立った適切な指定訪問看護の提供することを目的としています。

  • 医療型児童発達支援センター「吹田療育園」

    医療型児童発達支援センター
    「吹田療育園」

    子どもの状態を正しく把握し、疾病の早期発見、早期治療に努めています。病院との連携を深め、適切な指導を行います。

  • 健都健康管理センター

    健都健康管理センター

    地域医療機関と協働し予防医療・健康増進に寄与するため、平成30年11月「健康・医療のまち健都」の駅前複合商業ビルVIERRA(ビエラ)岸辺健都2階フロアに移転します。

  • 看護小規模多機能型居宅介護事業 なでしこ吹田

    看護小規模多機能型居宅介護事業「なでしこ吹田」

    病気をかかえていても医療と介護の専門家の目が行き届く環境で通所と宿泊サービス・訪問看護と介護サービスを組み合わせ、慣れ親しんだ地域と家で“身近な人に囲まれていつもの暮らしを続けること”をサポートします。

page top