検体検査について | 大阪府済生会吹田病院

臨床検査科 - 検体検査について

検体検査について

1.中央採血室

本館2階34番が中央採血室です。8時15分より医師からの指示の下、患者さんの血液を採取し、診療開始前に結果が報告されます。

2.血液検査

シスメックス社 多項目自動血球計数装置

多項目自動血球分析装置です。 赤血球数・白血球数・血小板数および白血球分類を自動で測定します。 貧血、感染、悪性疾患の指標になります。

顕微鏡検査

異常と判定されたものは血液塗抹標本を作製し染色を行ないます。 臨床検査技師は顕微鏡下で赤血球・白血球・血小板の形態をチェックします。 また白血球を細胞別に分類し、異常な細胞の有無も確認します。 血液疾患が疑われるときは骨髄検査も行なわれます。

3.凝固検査

シスメックス社 全自動血液凝固測定装置

血液が固まる機構が働いているか、また血栓の有無を調べます。 薬剤投与のモニタリングの検査もしています。

4.生化学検査

日本電子社 自動分析装置

生化学検査は血液や尿に含まれる様々な化学物質を分析する検査です。
当院では約60項目を測定しています。

  • 肝機能検査(AST、ALTなど)
  • 腎機能検査(BUN、CREなど)
  • 脂質・糖代謝検査(コレステロール、血糖など)
  • 心機能(CPK、CK‐MB)
  • 膵機能(AMY、P‐AMY、リパーゼ)
  • 電解質(Na、K、CLなど)
  • 血中濃度(ジゴキシン、バルプロ酸Naなど)
  • その他(リウマチ因子など)

5.免疫血清検査

左)富士レビオ社 全自動化学発光酵素免疫測定システム
(右)東ソー社 全自動エンザイムイムノアッセイ装置

免疫血清検査は、生化学検査同様に、血液などに含まれる様々な物質を高感度に分析する検査です。
当院では約20項目を測定しています。

  • 感染症(肝炎ウィルス、梅毒、HIVなど)6項目
  • 腫瘍マーカー(CEA、CA19-9、AFP、PSA、など)7項目
  • ホルモン(甲状腺、BNP)
  • 糖代謝(C-ペプチド、インスリン)

6.一般検査

尿検査(尿定性・尿沈渣)

腎臓や泌尿器の病気を尿を用いて調べます。
尿試験紙を用いて赤血球や白血球、尿たんぱくや尿糖の有無などを調べます。
また、顕微鏡を用いて、血球類や細菌、上皮細胞、結晶などの有形成分を詳しく調べます。

便潜血(免疫法)

栄研化学 便潜血測定装置

大腸がんのスクリーニング検査に用いられ、下部消化管出血の有無を調べます。 便中ヘモグロビンを免疫法という方法で検出します。

7.微生物検査

患者さんから採取した、喀痰、尿、便、血液などの材料から、感染症を起こしている原因菌を検索、微生物を目に見える状態まで増やし、その原因微生物に対して、どの抗生物質が効くかを検査しています。